子どもキャンプ

夏休み子どもサマーキャンプ2015/群馬・山とテントのコース(1日目)

2015/08/18

2015081810 2015081811

今日からいよいよ「夏休み子どもサマーキャンプ/群馬・山とテントのコース」の一日目が始まりました!前日まで降り続いていた雨も止み、気持ちの良いお天気の中でのスタートになりました!受付に到着した子どもたちは大きな荷物を抱えながらも、元気いっぱい!さあ、どんな3日間になるのかな~?

2015081812 2015081813

まずはバスに乗って、群馬県の赤城山にあるキャンプ地を目指します。長いバス移動の時間も、友達やスタッフとおしゃべりをしたり、バスレクをしながら過ごすとあっという間!周りを山や自然に囲まれた、緑がいっぱいの少年自然の家へ到着しました。今回泊まるのは施設ではなくキャンプ場のテントサイト。「どんなテントに泊まるんだろう~?」とワクワクしながら進みます。まずは腹ごしらえ!みんなでお弁当を食べました。自然に囲まれた中で食べるお弁当はとてもおいしかったです。

2015081814 2015081815

腹ごしらえがすんだら、今回のキャンプの先生である川口拓さんとご対面!川口拓さんは、WILD AND NATIVEの代表を務めており、アウトドアやサバイバルのスキルなどを、幅広い方面に向けて共有する活動を行っていらっしゃいます。今回は群馬キャンプの講師として、3日間様々なことを教えていただきます。子どもたちとのやりとりの中で、川口さんのことを「タクさん」と呼ぶことに決定!3日間よろしくお願いします!

2015081816 2015081817

まずは、自分たちが過ごすテントを秘密基地のようにしよう!ということで、秘密基地づくりがスタートです!基地づくりに欠かせないのがロープ。ロープがあれば、屋根を張ったり、物をくくりつけたりすることができます。タクさんの指導の元、ロープワークの練習が始まりました。

20150818108 2015081819

一見簡単そうに見えるけれど、やってみると難しい…!タクさんが結ぶ様子を見ては、自分でやってみる、を繰り返しました。何回か見ると「あ!そういうことかー!」と納得した様子で自分の練習に励む様子が印象的でした。子どもたちの吸収力は早く、あっという間に二つの結び方をマスターしていました。

2015081820 2015081821

ロープワークをマスターしたら、基地づくりの始まりです!ごとに協力しながら、ブルーシートを屋根に乗せて軒下の部分を作ったり、入り口に装飾などをしたりしていきます。「そっち持ってー!」「せーの!」と言いながら、協力して作り進めていきます。

2015081823 2015081822

作っていくうちに子どもたちのアイディアが次々に出てきます。石にペイントをして看板にしたり、葉っぱで玄関のマットを作ったり…など、大人では考え付かないようなアイディアがたくさん生まれていました!3日間過ごす、素敵な基地がそれぞれで出来上がっていました。

2015081824 2015081825

夕食を食べた後は、スモアーズを作って食べました。竹で作った串にマシュマロを刺して、火であぶっていきます。あぶりすぎると真っ黒焦げになるので、慎重に焼いていきます。ちょっと焦げちゃった子もいましたが、あつあつのマシュマロをみんなおいしそうに食べていました。

明日はいよいよ自分たちで火を起こします。チームで力を合わせて、上手く火を起こすことができるかな?明日も楽しみだね♪

>>2日目の記事へ
>>3日目の記事へ

(理事 ゆっこ)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年9月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2017年8月25日~31日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >