子どもキャンプ

GW子どもキャンプ2016(2日目)

2016/05/04

2016050410 2016050411

さぁ、「GW子どもキャンプ2016」の2日目が始まりました。まずはみんなで体育館に集まり朝の集いです。元気よくキャンプの挨拶をしたら、体操や一日のスケジュールの確認をします。中学生と小学6年生の子ども達が司会と体操を務めてくれました!その後、朝ご飯をしっかり食べて、各部屋で活動の準備をします。

2016050412 2016050413

2日目最初のプログラムは、「ペットボトルロケット作り」です。大小のペットボトルと厚紙やマジック、カラーテープ等を使って、班で1つずつオリジナルのペットボトルロケットを作りました。「遠くまで飛ぶように羽を着けよう!」「みんなの名前を書きたいな」「もう少し軽くできないかな?」それぞれの班でアイディアを出し合いながら、格好良いものからカラフルなものまで、様々なロケットが完成しました!みんなで協力して作ったロケット、どれぐらい飛ぶかは本番のお楽しみです☆

ここで、非常に残念な決断ではあったのですが、2日目はこの後から夕方頃までカヌープログラムを行う予定だったものの、当日は雨と風速20mを超える強風のため、とてもカヌーをできる状況ではなく、安全面を考慮してカヌーは中止となりました。楽しみにしていた子ども達も多く、私達も非常に残念ではあったのですが、かわりに雨天用のプログラムに変更して2日目のキャンプを実施することにしました。

2016050414 2016050415

次に行ったプログラムは「レクリエーション大会」です。まずは、座った体勢で前に立っている人の振る舞いや声に合わせて手をたたくゲームをしました。だんだん難しくなりフェイントが出てくるとひっかかってしまう子も多く、「あぁ〜、またやられたー!」と悔しがる声がたくさん聞こえました。その次は、二列に並んで友達とかけっこで勝負するゲームをしました。雨で体を動かせなかった分、目一杯走り回って楽しみました。休憩をはさんだら、参加者全員で声を出さずに誕生月順に並ぶミッションにチャレンジ。どうやるのかな?と思われましたが、ジェスチャーや口パク等、みんな工夫してコミュニケーションをとりながら、1つの円に並び終わりました。声を出せない分、お互いのことをよく見ている姿が印象的で、結果は見事成功でした!最後は円になった状態で、再び言葉を聞き分けてお友達と勝負するゲームをしました。レクリエーションを通じて、仲間と協力したり対決したりして交流を深めることができました。

レクリエーション大会の後、お昼ごはんを食べたら、低学年と高学年で分かれて活動を行いました。

2016050420 2016050421

低学年は、クラフトで「チーフリング作り」をしました。チーフリングとはバンダナを留める丸太型のアクセサリーで、まずは設計図の作成から行います。一人ひとり好きなキャラクターやキャンプの思い出をイラストにしたり、文字を書いたりします。設計図ができたらペンやマジック、シールやマスキングテープを使って実際に作成に入ります。

2016050422 2016050423

設計図通りに作るのに苦戦する場面もありましたが、作る中で新しいアイディアをひらめいて、より素敵なリングに変えていく場面も見られました。工作が完了したら、リングを取り付けて完成!一人ひとりキャンプの思い出が詰まったチーフリングが出来上がりました。

2016050416 2016050417

高学年は、午前中に作ったペットボトルロケットを飛ばす大会をしました。ペットボトルに水と空気を入れて、発射台から勢い良く発射!勢い良く水を押し出しながら遠くまで飛ぶロケットに大盛り上がり!

2016050418 2016050419

水の量を調節したりロケットを加工したりして、より遠くまで飛ばすために試行錯誤しながら何度も発射させました。中には広場の端から端まで飛ばせた班もあり、「うちの班が一番飛んだよ!」と嬉しそうに報告してくれました。

2016050424 2016050425

夜ご飯を食べたら、班の仲間と過ごす最後の夜です。それぞれの班で何をするか話し合いながら、自由な時間を過ごしました。ランタンを作って外に探検に出かける班、夜の生き物観察をする班、暗闇でボール遊びをする班、自分達の部屋をお化け屋敷に改造して遊ぶ班、どの班もキャンプで出会った仲間と思い思いの時間を過ごしました。班での自由時間を楽しんだら、お風呂に入っておやすみです。いよいよ明日はキャンプ最終日!ゆっくり休んで最後までキャンプを楽しもうね♪

>>1日目の記事へ
>>3日目の記事へ

(サポートスタッフ むっちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年9月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2017年8月25日~31日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >