子どもキャンプ

GW子どもキャンプ2017(3日目)

2017/05/05

いよいよ「GW子どもキャンプ」も3日目です。楽しかったキャンプもあっという間の最終日です!この日もお天気は晴れ!風が強い日もあったけれど、お日様が気持ち良い天気に恵まれた3日間になりました。この日の朝のつどいでは昨日のカレーコンテストの結果発表があり、優勝チームが表彰されました。みんなが作った自慢のカレーはどれも美味しくて審査が本当に難しかったです!

朝のつどいが終わって朝食を食べたら、部屋に戻って荷物整理と3日間過ごしたお部屋のお掃除です。使った布団やシーツをたたんで元に戻し、掃除用具で部屋を綺麗にしていきます。シーツを二人で一緒にたたんだり、早く片付け終わった高学年の子が低学年の子の部屋に手伝いに来てくれたりと、皆で協力しあう姿が印象的でした。お部屋の片付けが終わったら、今回のキャンプ最後のプログラムへと向かいます!

最後のプログラムは、低学年と高学年の子ども達に分かれて別々のプログラムを行いました。低学年の子どもたちは、オリジナルエコバッグづくりを行いました。真っ白なエコバッグをどのようにデザインするかは自分次第!キャンプで行った、ペットボトルロケット、カヌー、カレー作りなどの楽しい活動に思いを巡らせイラストで表現したり、一緒に過ごしたチームのマークやお友だちの名前を書いたりと、この3日間の想い出がぎゅっと詰まったようなデザインが生まれました。

また、基本の4色の絵の具を混ぜて好きな色を作ったり、葉っぱやハブラシ、スポンジなどの色々な道具を使って個性的なタッチを生み出したりと、子どもたち一人一人がまるで芸術家になったように、熱中しながら作り上げました。

高学年の子ども達は、釣りのプログラム!釣り名人を決める魚釣りコンテストを行いました。施設の方に道具の使い方をよく聞いてから、いざ出発!施設から少し歩いたところにある黒部川の釣り場で、それぞれ班ごとに移動して釣りの開始です!しかし、餌のミミズに触れない子は餌づけに苦戦!悲鳴をあげてミミズをつけるのが得意な子に手伝ってもらっていました。(笑)なんとか釣り針にミミズをつけたら、いよいよ魚がかかるのを待ちます!

しばらく待って15分くらい経った時、「釣れた〜!」という大はしゃぎの声が聞こえてきました。それからは、次々と魚が釣れ、最終的に全部でなんと14匹も釣れました!この日は天気も良く絶好の釣り日和!釣れた子はバケツの中の釣った魚を見てとても嬉しそうでした。気になるコンテストの結果は、1人で3匹釣った子と、一番重い42gの魚を釣った子が優勝!とても誇らしげでした!

プログラムが終わったら、キャンプ最後のお昼ご飯を食べて、みんなで班のふりかえりの時間です。楽しかったこと、頑張ったこと、大変だったこと、3日間の思い出をみんなで振り返って発表しあいました。

ふりかえりの時間が終わったら、少し寂しいけれどキャンプ場とはお別れです。まだ帰りたくないと言っている子もたくさん。帰り道は元気一杯の子も、疲れて電車でぐっすり眠っている子も、みんなそれぞれキャンプを満喫した表情をしていました。

初めて経験したこと、みんなで協力したこと、このキャンプで仲良くなったお友達、みんなにとって思い出に残るキャンプになってくれたらいいと思います!これからもみんなと「あそびの達人」やキャンプで会える日を楽しみにしています!

>>1日目の記事へ
>>2日目の記事へ

(サポートスタッフ まっちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年9月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2017年8月25日~31日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >