子どもキャンプ

夏休み子どもサマーキャンプ2017(群馬・山とテントのコース)のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!

2017/07/15

本日は、8月19日~21日に実施される「群馬・山とテントのコース」のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました。当日参加するスタッフが集まり、キャンプで気を付ける点やプログラムの内容などを共有しました。

この山とテントのコースは、他の二つのキャンプと少し雰囲気が違います。木の生い茂る中に建つテントに泊まり、寝袋で寝たり。マッチやチャッカマンなしでゼロから火付けをして、野外料理をしたり。木とナイフを使って弓矢を作って、自然を使ったゲームをしたり。他のキャンプではできない、初めて体験する事がたくさん!

頼りになるのは、自分の力と一緒に活動する仲間たちとのチームワーク。そして、自然の中で生きる術を知り尽くしている講師の「川口拓」さん(WILD AND NATIVE)。キャンプから帰ってきた暁には、自分の力に自信がつくこと間違いなしの、楽しく学びの多いキャンプです。

打ち合わせでは最初に、現地の危険箇所について写真や施設の地図を見ながら確認をしました。当日は、文字通り山の中でテント生活を送ることになります。そのため、主要施設への道順や当日使うことになるテントの様子、テント周辺の状況、危険生物への対応の仕方などを詳しく共有しました。また、楽しく活動するために欠かせない、食事の指導についても確認をしました。

プログラムの打ち合わせでは、どんなプログラムがあるのかを1つ1つ確認していきました。プログラムの内容は、「火おこし・野外料理・弓矢作り」となっています。いずれも比較的、難易度の高いプログラムになっているため、適切な指導が行えるように丁寧に確認をしました。また指導の際に、スタッフによって指導の内容に差が生じる事を避ける必要があります。そのため、包丁やナイフなどの刃物の指導で気を付ける点や、火を扱う際の確認事項や気を付ける点なども詳しく共有しました。

次に役割ごとに別れて、「当日の動き・当日までに準備する事」を確認しました。今回はキャンプの内容が盛りだくさんであるため、スタッフ同士の連携がうまくいくことが、円滑なプログラム・キャンプ進行の鍵となります。お互いがどのタイミングでどのように動くのか、何を準備してどのように使うのかなどをしっかりと打ち合わせました。

キャンプまで残り1カ月をきりました!スタッフ一同、参加した子どもたちが最高の夏休みを過ごせるように準備を進めていきます!万全な状態で当日、みんなと会えるのを楽しみにしています。

(コアスタッフ こしの)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年10月7日~9日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

秋の子どもキャンプ・長野
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2017年9月14日~20日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >