保護者の方へ

体験からしか学べないこと

体験からしか学べないこと『子どもたちの成長』―それは、学校や家庭だけでしょうか。かつて子どもたちは、地域で年齢を問わず皆いっしょに遊び、家族以外の大人たちに相手をしてもらいながら様々なことを学んでいました。地域が子どもを育てたように、多種多様な人たちとの関わりのなかに「子どもの第3の成長の場」があると考えます。また、以前より子どもたちの生活体験や自然体験などが乏しくなっているとも言われます。生活が便利になるとともに、実際に体を使い経験する機会が減っているためです。私たちは、実体験を積み重ねることで子どもたちが様々な力を身に付け、やがてそれが生きる力になっていくと考えます。夢職人での活動では、同級生でも兄弟・姉妹でもない「異年齢の友だち」や、先生でも家族でもない「大人たち」が仲間です。仲間とともに数々の体験をしながら、自ら考え、行動し、学び合う。学校や家庭ではできない体験を通じて、子どもたちの自ら未来を切り拓く力を育んでいます。

キッズクラブのプログラムの特長

キッズクラブは、小学1年生〜中学3年生までを対象とした、会員制の体験型教育プログラムです。「日帰りプログラム」を月に1回程度、「宿泊プログラム」を連休や長期休みに実施しています。特に活動では、年齢の異なる子どもどうしが共に学び合うことを大切にしています。普段子どもたちは同年齢の友人がほとんどであり、兄弟・姉妹以外の異年齢の子どもと接する機会は多くありません。キッズクラブでは異年齢の友人ができるうえ、年上から教わったり、年下へのふるまいを身につけたり、多くの学びを得ることができます。また、活動は原則子どもだけでの参加。半日でも家族と離れて過ごす時間は、大人の想像を超えた成長を促します。スタッフも魅力のひとつ。年の離れた兄、姉のような存在として子どもたちをサポートします。参加するほど知っているスタッフが増え、そのスタッフが子どもたちの成長を長期にわたって見守る存在となります。「昨年できなかったことが、今年できるようになった!」活動に参加し続けているからこそ、見えてくる成長があります。

夢職人が目指している子どもたちの成長

体験から得られる成長や目指すべき姿は、その年齢により大きく変わります。夢職人では共育目標とともに年齢ごとの成長の変化を下図のように想定し、いずれの年齢においても、体験が子どもたちのさらなる成長を促せるよう活動を行なっています。

夢職人キッズクラブの共育目標

多様な体験と関わり合いの中で、子どもたちの社会性や自立心を育みます。

・ 多様な人たちとの信頼関係を築き、互いに協力し、助け合える人になる。
・ 探究心や向上心を持ち、自ら学び、考え、行動できる人になる。
・ 豊かな感受性と表現力を持ち、創意工夫できる人になる。

夢職人キッズクラブの成長グラフ

夢職人キッズクラブの成長グラフ

Basic(ベーシックコース)小学1年生~小学3年生

何事もまずは挑戦する

はじめてのことや苦手なことにも取り組む積極性を育み、興味関心の幅を広げます。

いろいろな友だちと仲良くなる

自分の気持ちを伝えられ、引っ込み思案や人見知りでも、初対面や年齢の違う友達とともに楽しめるようになります。

Expert(エキスパートコース)小学4年生~小学6年生

あきらめない気持ちを育てる

得意なことや好きなことを大切にすると同時に、上手くいかないことに対しても試行錯誤しながら粘り強く取り組める姿勢を目指します。

チームで力を合わせる喜び

友達との関わりのなかで経験する葛藤にきちんと向き合い、チームとして協力し合える力を育てます。

Junior leader(ジュニアリーダーコース)中学1年生~中学3年生

計画的に取り組む姿勢

課題に対し、率先して改善工夫に取り組み、先を見通して段取りを考えられることを目指します。

リーダーシップを発揮する

人前で自分の意見を述べることができ、異なる考えをもつ仲間とともに物事をやり遂げられるリーダーシップを育みます。

フォローアップ体制連絡帳

プログラム参加中のお子様の様子は、担当スタッフよりお迎えの際に直接お話しするほか、連絡帳でご報告します。お子様からのお話だけでは分からなかったこと、たとえば「年下の面倒をよく見ていた」「班長として頑張っていた」など、お子様のちょっとした言動や成長の見られたエピソードを保護者の皆様にご報告しています。

安心してご参加いただくための取り組み

お子様だけで参加させることに不安を持つ保護者の方も少なくないと思います。私たち夢職人では、なにより安全に活動ができ、安心してお預けいただけるよう、さまざまな取り組みを行なっています。(安全管理・サポート体制の詳細)事前の下見や打ち合わせ、準備はもちろんのこと、事前説明会の実施やお子様の健康状態の聞き取りなど、安心してご参加いただけるよう配慮しております。プログラム終了後には、担当のスタッフより活動中のお子様の様子を報告いたします。もしご参加に際し、ひとつでも不安な点、不明点がありましたらどうぞお尋ねください。より安心してお子様に参加いただけるよう努力してまいります。

活動の催行決定率がとても高い

他団体のキャンプを利用されている方から「実施日近くなってから『最少催行人数に満たないので、中止になりました』という連絡があった」というお話をよく伺います。当法人の活動でも最少催行人数を設定しています。しかしながら、これまで台風などの悪天候で中止になったことはありますが、多くの皆様にリピートを頂いているため「最少催行人数に満たない」という理由で中止になったことはありません。他団体のキャンプよりも「キャンプは実施されるのか?」という事前のご不安は少なくご利用を頂けます。

>>キッズクラブの詳細をもっと知りたい!

キッズクラブのプログラムについて
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年5月21日

場所:葛西臨海公園

対象:小学生・中学生

科学であそぼう!ふしぎ発見!
オモシロ★理科教室

水の中の生き物探しとドキドキ大実験の二本立て!理科が苦手な子も楽しいぞ!水族館ラリー、アイスづくり、不思議なしゃぼん玉で遊ぼう、グライダー飛行機づくりなど

詳しくはこちら

日程:2017年5月18日~24日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >