キャンプ・イベント

家族や仲間と田舎に泊まろう!

農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

日程:2017年9月14日~20日
場所:福島県東白川郡鮫川村
対象:親子・学生・社会人

親子・家族で楽しむ農業体験・自然遊び!
学校や会社の仲間と楽しむ援農ボランティア!


茨城県と福島県の県境に接する「あぶくま高原南部」にある東白川郡鮫川村で、「体験」を通じた地域の自然、文化、人との交流が楽しめます。親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びをすることが出来ます。四季折々の豊かな自然の中で都会では出来ない田舎だからこそできる様々な体験がいっぱいです。また、学校や会社の仲間と援農ボランティアに取り組むことができます。過疎化・少子高齢化で農業の担い手が不足する村では多くの力を必要としています。(紹介記事:過疎地の農業をを支援する援農ボランティアとは?

本プログラムは、下記の日程(受入期間)の間でご都合に合わせてご参加を頂くことができます。2、3名の少人数で、1泊2日からの短期間の日程から実施することが可能です。プログラム内容やスケジュールについては、お申込みの際にご要望をお伺いし、その時期に応じたご提案をさせて頂きます。現在、交通費の半額(片道分)をキャッシュバックするキャンペーンも実施中です。ぜひ、ご家族やご友人とお誘いわせの上、ご参加ください。

>>初めて参加される方は、コチラで詳細をご確認ください!

▼9月の主なプログラム予定

9月に入ると、夏の暑さが一気に引いていき、過ごしやすい秋の季節が近づいてきます。農作業は8月に引き続き、もちろん収穫。かぼちゃ・とまと・なす・ピーマン・レタスなどの様々な野菜の収穫を行うことが出来ます。ぜひ、採りたて新鮮な秋の味を楽しんでください。また、冬に備え山仕事も始まります。斧を使った薪割りや、森林・里山の整備なども行います。

▼10月の主なプログラム予定

10月になると、いよいよ「稲刈り」です。稲刈りの最も大変なところは、この地域の昔ながらの手法である「はせがけ」。刈って束ねた稲を、竹で作った柵にかけて干していく作業です。雨風で倒れないようにしっかりと柵を作り、干していく作業は手間と時間がかかりますが、その分できるお米は最高の出来になります。普段当たり前のように食べているお米がどのように作られるか、一緒に体験しましょう。

button_entry

受入
期間
2017年9月14日(木)~20日(水)
2017年10月19日(木)~25日(水)
※上記の受入期間で参加を希望する日程へお申込みください。
※締切は希望日の2週間前となりますが、先着順での受付を行い、定員となり次第締切とします。
場所福島県東白川郡鮫川村(体験民宿・都市農山漁村交流活性化機構登録民宿)
集合
解散
常磐自動車道「いわき勿来インター」高速バス停留所
※「いわき勿来インター」から体験民宿までは、無料送迎します。
※「東京駅八重洲南口バスターミナル」から直通の高速バス(いわき号)をご利用ください。
交通・移動の詳細は、コチラで詳細をご確認ください。
対象親子・家族、学生(高校生以上)、社会人
※お子様のお預かりはございません。
※団体・グループでのお申込みも可能です。
定員各日程で20名程度

▼宿泊施設

古民家風「田舎体験の家」(オプション:テント宿泊・器材一式レンタル可能)
古民家を改築した「田舎体験の家」です。16名前後が宿泊可能です。2段ベッドが4つずつ備え付けられている部屋が2部屋あります。就寝時は、マットレスを敷いた上に、施設で貸し出す寝袋でお休みを頂く形式となります。トイレ(和式・洋式)は、外にございます。
ご希望に応じて、テントでの宿泊に変更可能です。追加料金なしでテント器材一式(6人用・8人用テント)のレンタルも可能で、必要に応じてスタッフが設営方法の指導も行います。「2泊3日のうち、1泊はテントで宿泊する」などご希望に応じて対応いたします。(※悪天候時は、テントでの宿泊ができないため、「田舎体験の家」でお泊りを頂きます。)テント泊を希望される際は、申し込みフォームの備考欄で事前にお知らせください。

inaka

▼体験活動や生活上の留意点

・入浴については、敷地内にあるシャワールームまたはドラム缶風呂のご利用を頂けます。近隣の温泉入浴施設があり、ご希望に応じて車で送迎いたします。
・汚れても良い動きやすい服装をご用意ください。農作業に必要な長靴や器具は、貸し出しできます。
・体験や食事の内容は、お申込みを頂いた後にプログラム運営団体よりご相談させて頂きます。
・参加費用のお振込み先や期限は、お申込みを頂いた後にプログラム運営団体よりご連絡いたします。

button_entry

▼プログラム参加費用

参加費用に食事代、宿泊費、体験活動費用、道具レンタル費用を含んでいます。
※1泊2日からの参加となり、日帰りでご参加は頂けません。
※体験民宿外の温泉入浴施設を利用される場合は、別途実費負担(500円程度)となります。

<1泊2日:食事3食つき>

 田舎体験の家
大人(中学生以上)12,000
小学生7,500
幼児(6歳未満の未就学児)6,000
乳児(1歳未満)無料

<2泊3日:食事6食つき>

 田舎体験の家
大人(中学生以上)17,000
小学生11,500
幼児(6歳未満の未就学児)8,500
乳児(1歳未満)無料

<3泊以上:1泊ごとに下記の料金を追加>

 田舎体験の家
大人(中学生以上)+5,000
小学生+4,000
幼児(6歳未満の未就学児)+2,500
乳児(1歳未満)無料

button_entry

>>初めて参加される方は、コチラで詳細をご確認ください!


募集中のプログラム

日程:2017年10月7日~9日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

秋の子どもキャンプ・長野
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2017年9月14日~20日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >