キャリア教育

青少年向けキャリア教育

正社員を目指す無職・非正規雇用の若者に対して、企業と連携し、就職活動に必要な知識や技術を学ぶことができる教育プログラムを行っています。

BizAcademy(2015年・2016年)

BizAcademyは、米Forbes誌にて5年連続「世界で最も革新的な企業」の1社に選ばれている セールスフォース・ドットコム社/Salesforce.org との協働プログラムです。正社員を目指す無職・非正規雇用の若者(18歳~34歳)が明確なキャリアビジョンを持ち、自立することを目的とした短期集中型・就職支援プログラムです。これまでの学歴や就業経験問わず参加することができます。応募書類や面接対策、ビジネスマナー研修などの就職活動に必要なことや、ネットワークやクラウドシステムなどのITに関する専門的な知識や技術の基礎を学ぶことができます。

2016年度
・プレスリリース(学歴・就業経験不問!無職や非正規の若者のための短期集中型・就労支援プログラム「BizAcademy」を開催!~8月24日よりプログラム参加者を募集!セールスフォース・ドットコムが協力!
・参加者募集の詳細(BizAcademy2016
・実施報告(ウェブマガジン「ひみつ基地」2016年11月号 vol.45:様々な理由から働くことにつまずいた若者の就職を支援する-企業とNPOが連携し、若者の再チャレンジを支える

201601biz 201602biz

2015年度
・プレスリリース(若者就労支援プログラム「BizAcademy」をセールスフォース・ドットコム ファンデーションと開催~学歴・就業経験不問!若者の正規就労を支援!7月15日よりプログラム参加者を募集します!
・参加者募集の詳細(BizAcademy2015
・実施報告(ウェブマガジン「ひみつ基地」2015年11月号 vol.33:様々な理由から「働く」につまづいた若者の就労を支援する-最先端のIT技術や知識を学び、就労機会を広げる

bizacademy201501 bizacademy201502


子ども向けキャリア教育

子どもたちが実社会への興味・関心を高め、将来活躍するうえで必要な力を育むことをめざし、キャリア教育の一環として地域の企業や商店街と連携しながら社会体験活動に取り組んでいます。実際に「働く」体験をすると、消費者としてだけでなく、新たに価値を生み出す立場の視点も得られます。また、仲間と試行錯誤しながら課題を乗り越えていくなかで達成感や喜びを得ることもできます。働き方が多様化する昨今、夢職人では、子どもたちが将来働くことにワクワクできるような教育プログラムを提供しています。

下町商人スクール(2009年)、下町だがしやスクール(2008年)

career

2008年9~10月に「2008年中央ろうきん助成プログラム」により「下町だがしやスクール」を、2009年9~10月に「2009年中央ろうきん助成プログラム」により「下町商人スクール」を実施しました。高橋商店街振興組合(高橋のらくろ~ド)、ジャスコ南砂店、有限会社エワタリにご協力をいただきながら、主に江東区在住・在学の小・中学生でチームを編成し、区の一大イベントである『江東区民まつり』に出店しました。出店の過程で、町内でお店を経営している方々から商売について学び、「働く」ことへの理解を深めることができました。(活動の様子はコチラから!

下町商人スクール広報チラシ
「本気」に出会う8日間!「下町商人(あきんど)スクール」を開講!~企業や商店と協働し、地域実践型キャリア教育を行う!~

下町だがしやスクール広報チラシ
地域社会から「働く」を学ぶ!「下町だがしやスクール」を開講!~企業と商店と協働し、キャリア教育の実践に挑む!~


募集中のプログラム

日程:2017年7月・8月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【PR】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小学生・中学生対象のキャンプや自然体験ツアー等を提供。夏休みのサマーキャンプの参加者を募集中。〔外部連携事業〕

詳しくはこちら

日程:2017年8月19日~21日

場所:群馬県前橋市

対象:小学生・中学生

夏休み子供サマーキャンプ・群馬
山とテントのコース

日本百名山の一つ赤城山で2泊3日のサマーキャンプ!テントで基地づくり、ロープワーク、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくりなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >