プレーパーク・冒険遊び場

playpark

仲間と一緒に、心と体でがつんと学べ!

「子どもを自由に、のびのびとあそばせてあげたい!」こういった思いは、子どもを持つ親ならだれでも持っているものですよね?やったことのないことをやってみることは子どもたちにとって最高に楽しい瞬間!たっぷり五感を使って、様々なのことに興味を持ち、創意工夫をし、挑戦し、失敗しながらのびのびあそんだ経験は、子どもたちの心の中に大切なものを残してくれます。でも残念なことに、都市部では子どもが遊べる自然や空き地もなく、公園も禁止看板ばかりで子どもを思いっきり遊ばせてあげられる場所がなかなかないのが実状です。

子どもたちがもっと自由に、創造的にあそぶ場所を―。そうした思いをかなえる場所が、「プレーパーク」です!私達は、毎月第二土曜日に都立木場公園の中でプレーパークの活動をしています。子どもが思いっきり遊べる場所を探しているみなさん、ぜひ、お子さんを連れていらしてください。

今月の木場プレーパークの開催情報はコチラ♪

◎これまでの木場プレーパークの様子♪(2009年4月~2015年5月2015年6月以降

▼「プレーパーク」ってこんなところです!

A「危ないからダメ」ではなく、子どもたちの自由な発想で、子どもたち自身が作り出す遊び場です。普通の公園と違って、整備されていたり、特別な遊具があるわけではありませんが、親や地域の人たち、プレーリーダーが見守り、誰もが自分らしく思いっきり自由に遊ぶことができます。子どもたちは自由に来て、のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いにあそぶことができます♪自然やさまざまな人との関わりの中、子どもたちは遊びを通じて、いろいろなことを感じながら生きる力を育みます。
D
プレーパークではこんな光景がよく見られます。大きな穴をスほって落とし穴を作る。泥団子をつくって投げ合う。ロープを使って手作りの遊具を作る。木をのこぎりで切って釘をトンカチでたたいて、自分だけのおもちゃを作る。絵の具で気の向くままに絵を描いてみる。遊んでいるうちに新しいお友達ができる。名前をつけられない遊びも含めて、大人が見守りながら、ちぃちゃい子も大きい子も元気いっぱいにあそんでいます!

「プレーパーク・冒険遊び場」の詳細(NPO法人日本冒険遊び場づくり協会)
・これまでの木場プレーパークの様子:活動日記(ブログ)・プレーパーク(冒険遊び場)づくり
・English:The Japan Times Kids can learn a lot from the great outdoors

▼木場プレーパークのこれまで

B江東区にある自然豊かな「都立木場公園」に”プレーパーク(冒険遊び場)を作りたい”と願うメンバーが集まって2007年7月に「木場プレーパークぼうけん隊」が発足しました。この前身は、2003年9月に発足した未就園児が対象の自主保育サークル「深川あそび隊」。木場公園の豊かな自然・素敵な環境を もっと活用できる方法はないだろうか。子どもたちをもっとのびのび遊ばせてあげたい。子どもたちの心の中に、大切な何かを残してあげたい。そんな想いで活動しています。2009年3月より当法人が主にプレーリーダーなどの人的な面で協力をして運営をしています。平成22年度は、江東区協働事業提案制度採択事業「プレーパーク(冒険あそび場)運営事業」として採択されました。


募集中のプログラム

日程:2017年7月・8月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【PR】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小学生・中学生対象のキャンプや自然体験ツアー等を提供。夏休みのサマーキャンプの参加者を募集中。〔外部連携事業〕

詳しくはこちら

日程:2017年8月19日~21日

場所:群馬県前橋市

対象:小学生・中学生

夏休み子供サマーキャンプ・群馬
山とテントのコース

日本百名山の一つ赤城山で2泊3日のサマーキャンプ!テントで基地づくり、ロープワーク、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくりなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >