大学生・高校生・社会人ボランティア募集

大学生・高校生・社会人の教育ボランティアを募集しています!

「子どもと接するのが好き!子どもの成長に貢献したい!」
「子どもから大人まで、いろんな人と会って視野を広げたい!」
「人を楽しませることが好き!イベントを企画してみたい!」
「休みの日も活発に動いて充実させたい!」


夢職人の活動では、単に子どもたちと遊ぶだけでなく、ボランティア自身も成長できる場と機会になることを重視しています。活動を通じて、子どもたちの体験を通じた様々な気づきや成長をサポートします。「子どもの成長が実感できる関わりをしたい!」という継続的な活動ができる方を歓迎します。活動は、主に土・日・祝日、子ども達の長期休み期間(夏休み・冬休み・春休み)が中心となり、東京都江東区付近で集合・解散しています。学校や仕事と両立して取り組むことができるボランティア活動です。

button_entry

■ 夢職人の活動の特長

スタッフ解散夢職人の特長は、学生から社会人まで幅広くボランティアスタッフがいること、そして継続的に関わることで子どもたちとの信頼関係が築けることです。
様々なバックグラウンドを持つスタッフ同士が、年齢や立場など関係なく意見を出し合って企画をつくる機会があります。学生にとっては、社会人の働き方を間近で見られる場であり、社会人にとっては、学生と切磋琢磨することで良い刺激を受ける場となっています。また、夢職人が主催するプログラムでは、継続して参加する子どもたちが多いので、活動を重ねるたびに子どもたちとの関係も深まり、段々と成長していく姿を見ることができます。スタッフ同士も、子どもたちとも、一回限りではなく長期にわたって関わり合える。夢職人でボランティアをしてこそ得られる貴重な経験です
また、当法人は、文部科学省とNPOサポートセンターから先駆的な教育関係事業に取り組むNPO法人として青少年の学校外活動支援の分野で選定され、高い評価を受けています。(平成22年度文部科学省「教育関係NPO法人に関する調査研究」文部科学省ホームページ:特定非営利活動法人夢職人

■ ボランティアスタッフとは

移動ボランティアスタッフは、日帰りプログラムや宿泊キャンプにおいて、子どもたちが楽しみながら成長できるよう企画を考え、当日の進行を行い、安全に過ごせるように子どもたちを引率する役割を担います。今までできなかったことができるようになっていく姿や、初めてのことに取り組む姿などが見られ、子どもたちの成長に間近で関わることができます。人の成長に関わることは自分自身の成長にもなります。子どもとともに一緒に成長する、それが夢職人のボランティアスタッフです。

■ 夢職人にボランティアとして関わる魅力

子どもたちの「成長」、あなた自身の「成長」

夢職人の活動は、もちろん子どもたちが主役。子どもたちの成長をサポートするのがボランティアスタッフの役目です。「落ち着きのなかった子が、最近協調性が出てきた」継続的に関わることで、子ども一人一人の成長を間近に実感できるのがスタッフの醍醐味。でも実は、子どもたちに負けないくらいスタッフも目覚ましく成長しているものです。はじめは子どもと接することさえも不慣れだったところから、子どものちょっとした成長に気づけたり、次はこうしたらいいのでは?と提案を思いつくようになったり。子どもや他のスタッフ、プロジェクトワークを通じて「社会人力」が鍛えられていきます。子どもたちの「成長」とあなた自身の「成長」、夢職人は2つの「成長」をかなえる場です。

個性ゆたかな「仲間たち」と切磋琢磨!

夢職人にはスタッフとして関わることで、自分自身の成長を目指している人がたくさんいます。そして、目標に向かってともに力を合わせられる仲間同士、おのずと絆が生まれます。真剣に子どものことを考え、活動に取り組む。けれど堅苦しさはなく、楽しみながら参加をし、皆とても仲良しです。バックグラウンドの違う人たち同士が意見を交わし合うことで、“化学反応”が生じ、新しい活動が生まれることも。学校や会社とはまた違う、新たな人間関係を作り上げられることも大きな魅力のひとつです。

本気度大!人を育てる「組織力」

「本気度がすごい!」実際にボランティアスタッフをする人たちの声です。ボランティアといっても、ちょっとお手伝いをするだけではないのが夢職人。ボランティアと言えども、企画を考え、運営を行なうまでの役割を担うことができます。その一人一人の活躍を支えているのが、高い組織力です。いろいろなスタッフが関わる中でも、きちんと活動が運営されるような仕組みが整っています。本気度がすごいからこそ、スタッフとして関わることに魅力を感じ、信頼を寄せている人も多くいます。

>>夢職人で活動するスタッフのインタビュー記事一覧

■ 安心して参加いただくために

さくちゃんボランティア経験がない、子どもと関わるのは初めてなど、不安に思うこともあるかもしれません。当法人では、そのような方でも充実した活動ができるように、研修やフォローなどのしっかりとした体制を整えており、実際にそういった方も多く活躍されています。大切なことは熱意を持って積極的に参加したいという気持ち。まずは説明会にお越しください。話を聞き、「やってみたい!」という気持ちが固まったら、ぜひ、私たちの活動に参加してください。共に成長できる仲間が、あなたのことを待っています。

button_entry

こんな活動です!

・主な活動内容
・応募条件
・参加に当たって(年会費等)

学生スタッフの声

・学生の方へメッセージ
・学生スタッフの声

学生スタッフのよくある質問

学生の方から当法人のボランティアに関して、よくご質問を頂く事項をご紹介します。

社会人スタッフの声

・社会人の方へメッセージ
・社会人スタッフの声

社会人スタッフのよくある質問

社会人の方から当法人のボランティアに関して、よくご質問を頂く事項をご紹介します。

参加までの流れ

ご応募を頂いてからスタッフとして活動するまでの流れをご紹介します。

ある活動の一日

日帰りプログラム「あそびの達人」に参加する際のスタッフの活動の流れを写真付きで説明しています!

募集中のプログラム

日程:2017年9月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2017年8月25日~31日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >