学生スタッフのよくある質問

参加費などの費用はかかりますか?

はい。活動にかかる交通費・食事代などの費用は、基本的に各自で実費負担をお願いしております。また、年会費として2,400円をいただいております。一部活動内容によっては、費用を団体で負担させていただく場合もございます。

ボランティア活動に関する保険には、加入していますか?

はい。万が一の場合に備えて、当団体では年会費の一部を充てて、すべてのスタッフをボランティア保険に登録しております。当団体のボランティア活動中に偶然の事故により、ボランティア自身が被ったケガとボランティア自身が第三者の身体・財物に損害を与えたことによる法律上の損害賠償責任を補償する保険です。

活動に参加するにあたって、特定の資格が必要ですか?

保育士や教員免許などの専門資格は、必要ありません。子どもと関わり合うボランティアがはじめての方でも安心して活動にご参加いただけるように、団体でサポートしていきます。ご登録をいただいた後は、安全管理上、消防庁認定の上級救命技能認定講習会の受講をお願いさせていただいております。

スタッフになるための条件などはありますか?

はい。当団体の活動にご参加いただくには、以下の条件を満たしている必要があります。(また未成年の方は、保護者の承諾が必要となります。)

・ 満15歳(中学校卒業)~29歳までの方
・ 心身ともに健康な方
・ 当団体の理念や目的を理解し、主体的に活動できる方
・ 子どもや青少年に関する活動に興味・関心のある方
・ 子どもや青少年と等身大の関わり合いのできる方

面接などの選考等はありますか?

はい。オリエンテーションや活動の体験を通じて、選考を実施しております。オリエンテーションや活動の体験をしていただく場を相互理解に向けたコミュニケーションの場としております。
当団体で活動を行う前にきちんとしたご説明を行い、スタッフのご希望をいただける方の方向性と当団体の方向性とがマッチしているかどうかを判断させていただいております。希望に添いかねる場合もございますのであらかじめご了承ください。

活動場所は、江東区で行っているのですか?

参加する活動内容によって異なりますが、多くの活動の集合・解散場所は、江東区周辺が中心になります。事業に関する打ち合わせにつきましては、参加するメンバーの状況に応じて、東京都内近郊で行う場合もございます。

スタッフになりたいと考えていますが初めてで不安です。教育や児童福祉関係の専攻や子どもと関わる職業に就いているわけでもないのですが大丈夫ですか?

子どもに関する活動の経験の有無などは問いません。初めて参加の方には、経験豊富なスタッフが一緒に行動します。また、必要な知識や技術は、当団体の活動や研修の中で身につけていくことができますのでご安心ください。向上心と責任を持って、子どもたちと向き合っていただけることが大切だと考えています。

特定の活動のみ(学習支援だけ、キャンプだけ)に活動することはできますか?

いいえ。当団体では継続的な関わりを重要視しているので、特定の活動のみの参加はお断りしております。また宿泊行事のスタッフを希望する場合は、日帰りの活動プログラムへの参加を経験していることが必須となっております。

申し込みをすれば必ず活動に参加することはできますか?

いいえ。スタッフにも定員がございますので、参加を希望するスタッフが多数いる場合は厳正な抽選を行い、申し込みをされてもご参加いただけない場合がございます。参加の可否についての結果は、活動日の2、3週間前にお知らせいたします。

テストや繁忙期などによって、忙しい時期があります。毎月の参加は難しいのですが大丈夫でしょうか?

大丈夫です。毎月の参加は強制ではありませんので、自分の忙しさに合わせて関わり方を調整できます。しかしながら、毎回の活動を一回限りのイベントではなく、継続的な教育プログラムとしてとらえております。そのため、当団体のスタッフを希望する方には継続的に関わる姿勢を持っていただくことをお願いしております。

当日のスタッフとしてだけでなく、活動プログラムの企画に関わることはできますか?

はい。活動プログラムの企画は、スタッフがイチからつくりあげているものです。数人程度でプロジェクトチームを結成し、ミーティングや現地への調査を行いながら企画を作り上げていきます。「こんな体験を子どもたちにさせてあげたい!」という思いをお持ちの方、ご参加をお待ちしています。

アルバイトやサークルをしながらでも活動に参加できますか?

はい。今活躍する学生スタッフも時間を調整し、サークルやアルバイトと両立ながら学校外で自分自身が成長できる場として、楽しみながら活動しています。

学校の課題や研究の一環でボランティアに参加できますか?

私達は、半兄弟・姉妹という立場から長期的に子どもたちと関わっています。
一回のイベントではなく、継続的に子どもたちと関わり関係を作っていくことが重要だと考え、活動していおりますので、授業等での課題をや研究を目的とした1回のみ又は短期間でのご参加はご遠慮いただいております。

アルバイトや授業があって、途中からプログラムに参加できますか?

打ち合わせや活動への途中参加はご遠慮いただいております。一日をとおして子どもたちと関わっていく活動ですので、途中からの参加はできません。また、当日に参加するためには、約1週間前に行われる事前打ち合わせ会への参加を必須とさせていただいております。


募集中のプログラム

日程:2017年10月7日~9日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

秋の子どもキャンプ・長野
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2017年9月14日~20日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >