寄付・賛助

生活水を守る”水の守り人”「宇都宮工業株式会社」様よりご寄付を賜りました!

2023/11/22


このたびは、宇都宮工業株式会社様が第41回「江東区民まつり」で行ったフリーマーケットの収益金について、ご寄付を賜りました。宇都宮工業株式会社様は、江東区亀戸に本社を構え、東京都の水処理施設にある設備・装置の開発や設計、保守、改良などの事業を通じ、東京都の人々の生活水を守る仕事をしています。

▼宇都宮工業株式会社様のご紹介


宇都宮工業株式会社は、昭和34年10月に江東区大島で創業し、今年で64年目を迎えました。当時、江東区亀戸~大島周辺は、水害が多く発生し、生命や財産に大きな損害を受けていました。創業者は“水害から生命と財産を守りたい”との思いで起業しています。

主な事業内容は水処理プラント事業です。生活排水、工場排水、雨水などが集まる下水処理場で汚れた水を綺麗にして、河川や海に放流する水処理プラントの設計から施工・保守、水環境を守るための提案、装置の開発、海外の下水処理場でも活躍できるシステムも提供しています。

宇都宮工業株式会社のミッションは『水の守り人』として『水で困る世界をなくし、いのちの循環をつなぐ』です。“水の惑星、青い地球の未来のために貢献する”という想いで企業活動を行っています。

https://www.u-pec.co.jp/

▼ご担当者様からのコメント

「長年、企業活動をしている江東区に何か貢献できる事として、『江東こどもまつり』『江東区民まつり』に毎年寄付をしています。今回は、社員から、日々の業務の中で、子どもに触れ合う機会がないため、地域貢献として子どもたちに企業として何かできないかと提案がありました。

そうした中で、弊社のSDGsに関する取組みの紹介と合わせて、『江東区民まつり』で行ったフリーマーケットの収益を寄付することに決め、区内の子どもたちに使っていただける活動を探していたところ、夢職人さんを知り、寄付をさせていただくことになりました。」

(令和5年度 第41回「江東区民まつり」でのフリーマーケットの様子①)

(令和5年度 第41回「江東区民まつり」でのフリーマーケットの様子②)

今回のご寄付のお礼にお伺いした際には、今回の寄付先を調べる中で、子どもたちのために活動をしている団体が身近にいることを知るきっかけになりました。今回だけに限らず、今後も応援を続けたいと思います。」と、あたたかいメッセージをいただきました。 

地域の企業様に応援をいただいたことは、私達にとってとても大きな後押しになります。今回のご支援は、子どもたちの体験活動を推進していくために必要な費用に充てさせていただきます。皆様のご期待にしっかりと応えられるように引き続き尽力して参ります。

(理事 横山)


募集中のプログラム

日程:2024年5月3日~6日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:新小学3年生~中学生

キッズクラブ:子ども村
みんなで作る!子ども村

GWに自然豊かな山村で暮らして遊ぶ3泊4日!農林業体験、動物のお世話、自然遊び、薪割り、手作りピザ体験、手打ちうどん体験など

詳しくはこちら

日程:2024年4月27日~29日

場所:千葉県南房総市

対象:新小学生~中学生

キッズクラブ:GWキャンプ
南房総こどもキャンプ

GWに絶景が広がる大房岬の海や森を楽しむ2泊3日!海の生きもの探し、大房岬ラリー、ナイトハイク、キャンプファイヤー、クラフトなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >