講演・研修

「Vision sharing day 2023」を開催しました!

2023/01/15

年が明け、2023年が始まりました!年始めに毎年恒例の「Vision sharing day 2023」を開催しました。「Vision sharing day」とは、当法人に所属しているスタッフを対象とし、年1回、開催している全社会です。昨年度の活動を振り返り、団体の考え方や今年度の団体の方針を共有する会です。

今年もとても多くのスタッフが参加しましたが、一人ひとりが「夢職人という団体のあり方」や「自分に何ができるのか」を考え、見つめ直す機会となりました。

はじめに、職員からの挨拶とアイスブレイクで伝言ゲームを行いました。初めて会うスタッフ同士もこのタイミングで少し打ち解けた様子でした。

さて、ここからは振り返りパートの開始です。昨年度の活動を4タームに分け、活動の写真、動画、保護者の方からのコメントをまとめたスライドショーを見ながら振り返りをします。写真や動画から伝わる子どもたちの生き生きとした姿や楽しそうな姿、保護者の方からの感動的なコメントの数々がとても印象的で、参加スタッフからは自然な笑みが溢れてきていました。

また、タームの間に、活動に参加したスタッフや企画に携わったスタッフにインタビューをしました。インタビューしたスタッフからは活動の想い出やどのように考えて活動していたかなど、たくさんのお話を聞くことができました。その活動に参加していたスタッフもそうでないスタッフも、皆一様に興味津々で話を聴き、それぞれの視点で今年の活動を振り返っていた様子でした。

また、入会して間もないスタッフには、「初めて活動に参加してみた感想は?」「初めて企画として参加してみてどうだった?」というインタビューも行いました。少し緊張気味に話しているスタッフも見られましたが、それぞれが自分の考えや経験を臆することなく発信している姿はとても頼もしさを感じました。

振り返り全体を通して、一つひとつの活動にスタッフそれぞれの想いがあり、さらに次への意欲も伝わってくるような時間でした。

さて、振り返りの次は、理事長の岩切からこれからについて知る・団体の方針を共有するパートです。このパートでは、団体の考え方や今年度の団体の方針について、周囲の席の人とグループを組み、クイズ&ディスカッション形式で考える時間となりました。団体名の由来や団体の活動内容を言語化する場面は非常に勉強になりました。これから三年間の団体の方針共有もあり、スタッフ一人ひとりの心に刺さるお話となりました。

最後に、長年に渡って継続的に団体に関わっているスタッフ、昨年度に多くの活動を支えたスタッフの表彰を行い、「Vision sharing day」は終了となりました。

今年の「Vision sharing day」でより、今年の活動への期待感、活動意欲が高まったと思います。子どもたちといい時間を過ごせるよう、今年度もより一層努めたいと思います。

(コアスタッフ さいちゃん)


募集中のプログラム

日程:2024年5月3日~6日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:新小学3年生~中学生

キッズクラブ:子ども村
みんなで作る!子ども村

GWに自然豊かな山村で暮らして遊ぶ3泊4日!農林業体験、動物のお世話、自然遊び、薪割り、手作りピザ体験、手打ちうどん体験など

詳しくはこちら

日程:2024年4月27日~29日

場所:千葉県南房総市

対象:新小学生~中学生

キッズクラブ:GWキャンプ
南房総こどもキャンプ

GWに絶景が広がる大房岬の海や森を楽しむ2泊3日!海の生きもの探し、大房岬ラリー、ナイトハイク、キャンプファイヤー、クラフトなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >