理事・職員紹介

理事長
岩切 準 (Jun Iwakiri)

<経歴>
1982年東京生まれ。東洋大学大学院社会学研究科社会心理学専攻修了。特定非営利活動法人「夢職人」理事長。ウェブマガジン「ひみつ基地」編集長。公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」理事。特定非営利活動法人「全国検定振興機構」理事。特定非営利活動法人「教育支援協会」理事。「土曜学習推進協議会」副会長。

高校時代は、地域の子ども会活動をサポートする「ジュニアリーダー」に従事。その後、大学時代に教育、福祉、心理に関する様々な団体で子ども支援に関する経験を積む。2004年に東京都東部エリアの江東区・江戸川区を中心に、子どもや青少年を対象とした社会教育事業に取り組む「夢職人」を設立。2005年より江東区内公立小学校の評議員を務める。2008年にNPO法人化し、理事長に就任。これまでに300以上の社会教育プログラムに携わり、のべ4,000人以上の子どもや若者の成長の支援を行なっている。

2011年の東日本大震災後には、避難所のリサーチ・アセスメントを行い、特別な支援を必要する被災者と専門性の高いNPOをつなぐ「被災者とNPOをつないで支える合同プロジェクト」(つなプロ)宮城県南部・最北支部長を務めた。[つないで支える。災害への新たな取り組み]その後も首都圏での「東日本大震災ボランティア合同説明会」を主催し、原発事故の影響から子ども達を守る「ふくしまキッズ」の被災児の支援に携わった。

2014年1月からは、経済的な理由によって学校外教育を十分に受けることが出来ない子ども達に対して支援を行う公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンの理事に就任。2014年5月に土曜日の教育活動を市民の力で作り出すことを目指した土曜学習推進全国協議会の副会長に就任。2015年4月に大学入試改革に向けて、民間の検定試験の「質」と「信頼性」を判定する全国検定振興機構の理事に就任。2016年5月に地域・家庭における教育力の育成・向上を目指し、教育NPOの全国ネットワークを構築している教育支援協会の理事(自然体験活動担当)に就任。

NEC社会起業塾第6期(2007年度)
ゴールドマン・サックス教育社会起業家・NPO支援プログラム(2009年度)
Panasonic NPOサポート 課題解決プロジェクト/NPOマーケティング研修(2010年度)
体験活動セーフティーマネージャー(ASM):プラムネット株式会社(体験活動リーダーズアカデミー)

<リンク>
twitter : http://twitter.com/jun_iwakiri
Facebook : http://www.facebook.com/jun.iwakiri
NewsPicks : https://newspicks.com/user/163482


副理事長
岡安 泰英 (Yasuhide Okayasu)


<経歴>
東京都公立小学校主任教諭
前 社会福祉法人 二葉保育園 児童養護施設 二葉学園 児童指導員
元 江東区教育委員会 青少年センター 社会教育指導員

<コメント>
フランスの諺には「土地の価値は、そこに住む人の価値によって決まる」という言葉があります。この諺は、私たちに大切なことを教えてくれています。それは、社会に対して嘆いたり不満を述べたりするのは簡単なことですが、各人がその土地にどのように住み、そして生きるのかということを思い出させてくれます。確かに働きながら、地域活動をするのは大変なことですが、少しでもその努力をしていくことが、最終的には子どもや大人の幸せに繋がるものと考えます。 夢職人の活動が土地の価値を高める要素となれるよう、誠実に取り組んでいきたいと思います。


理事/職員:コーディネーター
山田 友紀子 (Yukiko Yamada)


<経歴>
1988年生まれ。日本女子大学家政学部児童学科卒業。大学在学中の2008年よりボランティアスタッフとして活動に参画し、2012年から理事に就任。大学卒業後、市川市公立幼稚園、東京都公立幼稚園教諭を5年間務め、2016年4月より当法人の職員(コーディネーター)になる。

<コメント>
団体に継続的に関わる中で様々な人と出会い、体験をし、多様な考え方に触れ、自分自身大きく影響を受けたところがあります。「こうなりたい」と思える人たちがそばにいること、その人たちが支えてくれること、それは人が前向きに生きていくためにとても必要なことではないかと感じています。今後の社会を担っていく子どもたちにとって少しでも価値のある場を作り出していけるように、まずは小さくても一歩、踏み出していきたいと思っています。

・幼稚園教諭一種(国家資格)
・小学校教諭一種(国家資格)
体験活動セーフティーマネージャー(ASM):プラムネット株式会社(体験活動リーダーズアカデミー)
小児救命救急法[EFR–CFC](国際資格)

紹介記事:新職員(山田友紀子)のご紹介


理事
千葉 恵 (Megumi Chiba)

<経歴>
1993年東京生まれ。中央大学商学部商業・貿易学科卒業。高校2年の冬よりボランティアスタッフとして活動に参画し、大学在学中の2012年から理事に就任。大学卒業後、主に企業間電子商取引を行う企業(卸売業)で人事を担当する。

<コメント>
高校生でも出来るボランティアを探していて、ある日飛び込んだ夢職人。子どもたちの成長を見守り、ロールモデルとなれるよう日々奮闘する一方で、私にとってロールモデルとなるスタッフとの出会いもまた新鮮なものでした。大人が本気で取り組む姿に、衝撃を受けながらも「自分も本気でぶつかって良いんだ」と思えるようになりました。子どもたちと本気で向き合うことの大切さは、私が夢職人で学んだことの一つです。「半兄弟」という、大きな存在が今の私に少なからず影響を与えていることを実感し、今度は私が子どもたちに影響を与えられる「半兄弟」となれるよう努力して参りたいと思っています。

インタビュー:いくつもの壁を超え、ゼロから作り上げる難しさと楽しさを知った。


理事
横山 優 (Yu Yokoyama)

<経歴>
1994年生まれ。中学高校までは野球部に所属し、部活に専念。大学生になり、教師を目指していたことや、4年間を通して何か1つ熱中できるものを見つけたいと思い、大学1年生の夏から夢職人のボランティアスタッフとして活動を始める。継続的に活動していくことを決意し、半年間の活動を経てコアスタッフとして団体の運営などにも関わるようになる。法政大学キャリアデザイン学部に在学中。

<コメント>
初めは自分自身が成長したいと思って、始めた活動でした。しかし子どもたちの成長を真剣に考えるスタッフや、「また一緒に遊びたい」と言ってくれる子どもたちとの出会いを通じ、団体のため、そして来てくれる子どもたちのため自分が力になりたいと思うようになりました。僕自身、夢職人での様々な人との出会いや経験はとても大事なものになっています。これは、子どもたちの成長にとっても同じことが言えると思います。夢職人が、子どもたちにとって様々な経験ができ、「あんな大人になりたい」と思ってもらえるスタッフに出会える場になるよう一生懸命活動していきたいと思います。

インタビュー:先輩や仲間の支え、挑戦の機会が本当の「成長」を教えてくれた。


理事
本多 雄一 (Yuichi honda)

<経歴>
1986年生まれ。獨協大学経済学部経済学科卒業。現在、埼玉県内の金融機関に従事。地域に密着し、継続的に活動する団体のビジョンに共感し、大学4年生の際に、ボランティアスタッフとして加入。以後コアスタッフを通じ、団体の運営に携わる。

<コメント>
団体に参加し、異なる職業、価値観を持つ人たちとの共同作業によって活動を創り上げることに、多様性を育むきっかけが多いことを感じます。未来の社会を築いていく子ども達に対して、多くの体験や多様な人との関わり合いを通じて、感受性を育み、多様性を受け入れるきっかけとなる場を提供し続けたいと思っています。地域に根差した活動を通じて、少しずつ社会に価値ある活動を広げていけるよう努力して参ります。


監事
慶野 誠 (Makoto Keino)


<経歴>
全国公民館振興市町村長連盟 事務局長

<コメント>
夢職人では人と人とのつながりを重要視しています。それは人も組織も同じことで、多くの人々に支えられて成長していきます。これから出会うであろう様々な 意見に耳を傾け、そのすべてを糧にして有意義な運営をしていくことが大切だと思います。私は監事としての役割を担っていきますが、皆様にも「あたたかい目 と厳しい目」の両方で若い力を見守っていただければ幸いです。


職員:チーフマネージャー
鈴木 諒 (Ryo Suzuki)

<経歴>
1982年東京生まれ。関東学院大学文学部社会学科卒業。生まれも育ちも現在も江東区に在住。家の近所の公立の小学校・中学校に通い、地 域の中で育つ。姉が「ジュニアリーダー」に所属していたということもあり、自分もメンバーの一員に加わる。そこで代表理事や副代表理事と出会い、活動を共 にする。活動を続けていく中で、地域・社会教育の大切さや重要性に気づき、「夢職人」の設立メンバーに加わる。

<コメント>
「人 と人との関係性が希薄になった」とよく言われています。これは果たして本当のことなのでしょうか?私はそうは思いません。人と人との関係性が希薄になった のではなく、人と人とが接する機会そのものが少なくなっているのではないでしょうか?人と人とが接する機会を創造することが社会をより良い方向へ向かわせ る大きな力となると思います。人は人に支えられながら生きています。そして、人は人を支えながら生きています。夢職人の活動を通じて、人と人とのつながり をたくさん創り出し、より良い社会になる手助けができればと思います。

・国内旅行業務取扱管理者(国家資格)
体験活動セイフティーリーダー(ASL):プラムネット株式会社(体験活動リーダーズアカデミー)


募集中のプログラム

日程:2017年10月19日~25日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

日程:2017年10月14日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >