ウェブマガジン

webmagazine_big_banner

子どもと若者の成長を支えるウェブマガジン「ひみつ基地」

ウェブマガジン「ひみつ基地」は、「子どもと若者の成長を支えるウェブマガジン」をテーマに、2012年に創刊した非営利・NPOメディアです。子どもや若者の支援に関する様々な情報を毎月ご紹介しています。教育や福祉などの各分野の実践家が記者となり、それぞれの現場から見えるリアルな状況や専門的な知見をお伝えします。

>>最新号の記事を読む

▼子どもと若者の支援に携わる現場で活躍している多数の記者が執筆!

author

ウェブマガジン「ひみつ基地」では、NPOや企業・団体で子どもと若者の支援の最前線で活躍している記者が執筆しています。子どもの貧困、教育格差、発達障害、キャリア教育、被災児童支援、高校・大学中退、性教育など様々な社会課題をテーマに関する記事を読むことができます。ここでしか読めないリアルな状況や専門的な知見が満載です。教師・学校教員、保育士、児童福祉関係者、NPOスタッフなどで子どもや若者の成長支援に携わられている方はもちろんのこと、親・保護者様にもオススメの情報が満載です。

>>これまでのバックナンバーはコチラから!

▼最新のお知らせをメールマガジンやfacebookでもお知らせします!

メールマガジンのご登録フォームよりメールアドレスとお名前をご登録頂くと、最新号が発行された際にウェブマガジンが無料で届きます。また、公式facebookページからも情報配信をしています。なお、公式facebookページでは、子どもや若者の支援に関する様々な記事をキュレーションしています。ぜひ、ご活用ください。

 

▼有料購読で200以上のバックナンバーや限定公開記事も読めます!

ウェブマガジン「ひみつ基地」は、非営利・NPOメディアです。子どもや若者を取り巻く社会課題について、独立的な立場で質の高い記事を提供していくために、広告収益に頼らないメディアを目指し、有志の会員様の会費・購読料によって運営しています。読者登録を頂くことは、本メディアの継続・拡充につながります。ぜひ、本メディアの情報発信を支える仲間になってください。何卒、本ウェブマガジンへのご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。



<最大2か月間の無料お試し期間>
読者が初めてマガジンの購読を開始した月の翌月末までは無料お試し期間となります。

<読者登録者限定の5つの特典>
★限定公開記事をお読みいただけます!
★これまでの200以上の記事のバックナンバーを全てお読みいただけます!
★誰よりも早く最新号のお知らせが届きます!
★各記者も参加している読者限定コミュニティに参加できます!

※なお、マガジンが発行されなかった月は購読料は発生いたしませんのでご安心ください。
※読者登録には、マガジン作成サービス「Publishers」の会員ID(無料)が必要になりますので、会員登録の上、読者登録を行ってください。ぜひ、登録読者として、本ウェブマガジンをご支援いただければ幸いです。


募集中のプログラム

日程:2019年11月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2019年11月2日~4日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >