企業・団体の方へ

イベント・プログラムの企画・実施、体験型教育旅行の企画・実施、広告協賛などが可能です。

当法人では、貴社・財団の社会貢献の方針をお伺いしたうえで、ステークホルダーとのコミュニケーションの更なる向上に貢献いたします。私どもがこれまで培ってきたネットワークやノウハウを活かし、ご依頼内容に応じて皆さまの取り組みをお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

▼企業・財団との協働

①イベント・プログラムの企画・実施
FCSR活動の一環として取り組まれるプログラムやイベントなどで、主に子どもや若者の教育支援、東京・東部エリアの地域振興に関するお手伝いをいたします。
BizAcademy-正社員を目指す無職・非正規雇用の若者を対象としたキャリア教育プログラム(セールスフォース・ドットコム)
・Bayエリアこども未来会議~子育て・子育ちを考える in 江東区編〜(主催:サンケイリビング新聞社)
・地域プロモーション冊子の制作(リクルートコミュニケーションズ)

②体験型教育旅行の企画・実施
当法人では、第2種旅行業登録・旅行会社「関西教育旅行株式会社」と連携し、体験型の教育旅行の提供を行っています。(ネイチャーキッズ)貴社のリソースを活用した個人向け・法人団体向けの教育旅行の企画・実施に関してお手伝いをいたします。

③広告協賛
当法人で行っている子どもや若者を対象としたイベントでの商品サンプリング、ウェブ媒体(子どもと若者の成長を支えるウェブマガジン「ひみつ基地」)への広告掲載などによる協賛を頂くことが可能です。

④助成の拝受
H貴社・財団の社会貢献の方針に応じ、費用、プログラム、物品など、様々な形で活動をご支援いただいています。
・費用助成(中央労働金庫、日本たばこ産業株式会社、公益財団法人キリン福祉財団)
・プログラム助成(日本電気株式会社、パナソニック株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、NPO法人サービスグラント)
・物品助成(イオンリテール株式会社、グーグル株式会社、セールスフォース・ドットコムファンデーション、ヤフー株式会社、いなば食品株式会社、藤倉ゴム工業株式会社)

▼NPO・市民団体との協働
J
子どもや若者の教育支援、NPO・市民活動の推進を目的とした各種イベント・プログラム、講演・研修などのお手伝いをいたします。また、当法人が実施するイベントやプログラムに事業パートナーとして協働していただくことも可能です。
・各種子どもキャンプ(協力:NPO法人ねおす、感環自然村、WILD AND NATIVE)
・若者向けワークキャンプ(協力:NPO法人あぶくまエヌエスネット)
・わんぱくフェスティバル(主催:NPO法人江東子ども劇場)
・子どもや若者の支援に関するセミナー・研修(協力:公益社団法人チャンスフォーチルドレン、NPO法人ETIC.、NPO法人NEWVERY、NPO法人D×P、NPO法人山科醍醐こどものひろば、NPO法人ADDS など)
・NPOアカデミー(主催:NPO法人NPOサポートセンター)
・「被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト(つなプロ!)」(代表幹事:NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター、一般財団法人ダイバーシティ研究所、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所])


●講演・セミナーのご依頼はこちらのフォームから

●その他のご依頼・お問合せはこちらのフォームから


募集中のプログラム

日程:2017年10月19日~25日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

日程:2017年10月14日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >