プレーパーク

2015年10月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2015/10/17

2015101051 2015101057

今日は10月の木場プレーパークを開催しました!あいにくの曇り空でしたが、今月もたくさんの子どもたちが遊びに来てくれ、笑顔をたくさん見ることができました!

どろんこコーナーでは、スコップやシャベルを手にした子どもたちが、地面に大きな穴を掘って水を入れて、泥の中に飛び込んだり寝そべったりしていました。また穴のそばに大きな山を作り、その上から泥団子を転がして遊んだり、山の中腹に穴を掘りその中にジョウロを埋め込み、そこから水を流して遊んだりしていました。それ以外にも、泥を使って、泥団子・泥のハンバーグ・泥うさぎを楽しそうに作っていました。少し肌寒い天気にもお構いなしに、みんな笑顔で泥だらけになっていました。

2015101056 2015101052

ロープコーナーでは、木と木の間にロープを張って、モンキーロープというアスレチックで遊ぶこどもたちが遊んでいました。ロープの上に乗って、わーわー言い合いながらロープをゆらしたり、ロープとロープの間を誰が一番早く到着できるか競争したりして遊んでいました。モンキーロープの横では、木の枝からロープを垂らして、子ども達が木に登っていました。木に登るのは中々難しく、子ども達が試行錯誤をして挑戦している姿が印象的でした。

2015101050 2015101059

木工コーナーでは、親子で協力して本格的な机や椅子を作る姿がみられました。硬い木に頑張って釘を打ち込んだり、厚い木をのこぎりで切ったり、みんなとても頑張っていました。秋らしく、どんぐりなどを使ってかわいらしく飾った置き物を作ってとても嬉しそうに見せてくれたのが印象的でした!

2015101058 2015101053

布や糸に挑戦する手芸コーナーでは、紐、ビーズを使ってネックレスを作ったり、布を使ってヘアバンド作りに挑戦する親子もいました。お母さん、お父さんと一緒にいろんな物を作れるのはプレーパークならではです!

2015101054 2015101055

午後からは絵の具コーナーも始まりました!大きなダンボールを使用して作成されたアーチに、一人が絵の具を塗った手のひらで手形を押し付けると、他の子ども達も真似をして手形を押し付けて遊んでいました。また、ダンボールに描かれたドラえもんなどの絵に思い思いに色を塗ったり、他にも自分の顔に絵の具を塗って化粧のように遊んだりしている子どももいました。みんな手や服が汚れるのも構わず、次々と思うがままの自由な絵が生まれていました。

来月のプレーパークは、11月14日です!秋が深まって、どんな遊びができるのかな?みんなでまた楽しく遊べるのを待ってます!

▼これまでの木場プレーパークの様子♪(2009年4月~2015年5月2015年6月以降

次回の木場プレーパークのお知らせ♪

(プレーリーダー たけぼー)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年6月2日~3日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:子ども村
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる1泊2日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2018年5月20日

場所:都立水元公園

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:5月あそびの達人
宝探し★アドベンチャー

島には、秘密の宝が眠っている。手に入れるには、地図を頼りに謎解きやゲームに挑戦し、島に散らばる手がかりを集めなければならない!仲間と力を合わせてクリアせよ!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >