子どもデイプログラム

「みんなで作る!キッズタウン-世界にひとつの子どもの町であそぼう!はたらこう!」(2016年2月「あそびの達人」)活動報告

2016/02/21

2016022110 2016022111

本日は、2016年2月「あそびの達人」(みんなで作る!キッズタウン-世界にひとつのこどもの町であそぼう!はたらこう!)を開催しました。今回は、子どもたちが中心となりまちを作り上げていく「キッズタウン」を実施しました。毎年恒例となっている企画なだけに、朝の集合時から「お花屋さんがやりたい!」「ゲームセンターで働きたい!」などの声も!楽しみにしている子どもが多い中、キッズタウンが始まりました。

2016022112 2016022114

まずは班で運営するお店を選びます。子どもたちは働きたいお店について熱い思いを訴える姿も見られ、班の話し合いはとても白熱していました。そんな中、班で一つのお店に絞るのはとても大変なこと!まずはどんなお仕事がしたいかを班で話し合い、そこからお店を絞っていく班が多かったようです。

2016022119 2016022115

お店が決まったら、運営の準備に取り掛かります。フラワーショップでは販売するお花をきれいに並べる姿が見られたり、占いの館では占いのやり方を覚えて、お友だち同士で練習し合う姿がありました。その他、店内を装飾したり、接客の仕方を練習するなど、お客さんに来てもらうために一生懸命準備する子どもたちの姿が見られました。

2016022116 2016022113

準備ができたら、お店で働く人とまちで遊ぶ人に分かれて、キッズタウンがスタート!おもちゃ屋さんで買った割り箸でっぽうで遊ぶ子どももいれば、カフェでカステラを食べながらゆっくりする子どももいました。中でも人気だったのがゲームセンター!ボーリング、ゴルフ、ダーツなど、楽しそうなゲームで遊ぶ子どもの姿が多く見られ、お店は大盛況でした。

2016022115 2016022120

働く時間が長くなると、新たな課題も見つかるお店もありました。例えば「どうしたら風船が売れるのかな?」「どうしたらネイルのお客が増えるかな?」そこで、班で作戦会議を行い、解決に向けて意見を出し合う姿もありました。「もっと大きな声で宣伝しよう!」「新しい商品をつくろう!」お店を繁盛させようと考える子どもたちの姿が多く見られました。

2016022117 2016022123

作戦会議を終えると、キッズタウンも大詰め!保護者の方も観光客として入場し、キッズタウンが更に賑わいを見せました。子どもたちの宣伝も熱が入り、より大きな声がキッズタウン内に響き渡っていました。子どもたちの手によって、キッズタウンの出入口には素敵なゲートが作られて、より素敵なまちが誕生していました。

2016022121 2016022122

今年で3年目となるキッズタウンでしたが、お店のサービスも子どもたちの働きぶりもレベルアップしており、「キッズタウン」の名に相応しい子どものまちが生まれていました。解散時には「来年も参加する!」という声が聞こえてきて、次のキッズタウンがどんなまちになるか今からとても楽しみです☆来月の活動でもまた子どもたちに会えるのを楽しみにしています。

(プロジェクトメンバー きむにぃ)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年9月15日~17日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2018年9月9日

場所:高尾山

対象:小学生・中学生

探そう!感じよう!大自然のふしぎ
高尾わくわくハイキング

自然豊かな高尾山へハイキングに行こう!珍しい植物や昆虫を見つけたり、耳をすませば鳥のさえずりや小川の音が聞こえてきます。みんなで山頂を目指してがんばろう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >