子どもデイプログラム

「オモシロ理科教室-ジャングル探検&わくわく大実験!」(2016年5月「あそびの達人」)活動報告

2016/05/22

2016052210 2016052211

本日は、5月「あそびの達人」(オモシロ★理科教室―ジャングル田体験&わくわく大実験!)を実施しました!午前中は、夢の島熱帯植物館の中で、クイズラリーをしながら植物のふしぎを発見します!午後はみんなで氷と塩を使ったアイスクリーム作り実験を行った後、1~3年生のベーシックコースは空気砲作り実験、4年生以上のエキスパートコースはブーメラン作り実験を行いました!

2016052212 2016052214

夢の島に到着したら、初めのプログラムである植物館ラリーのスタートです!用意されたクイズシートを片手に、全問正解のジャングルマスターの称号を目指して、班ごとにいざジャングルに突入!

2016052215 2016052213

普段あまり見ることができない植物を、みんな真剣に観察していました。途中カレーのにおいのするハーブを触ってみたり、紙の原料となる植物を観察したり、たくさんの初めて見る植物にみんな大興奮でした☆クイズを全問正解し、見事ジャングルマスターになれた班もありました!

2016052216 2016052217

午後は氷と塩の化学変化を利用したアイスクリーム作り実験からスタート!氷に塩をかけると…マイナス20℃のミニ冷凍庫が出来上がり、「冷たい!」「なんで?なんで?」と真剣な表情で観察していました。さらに美味しいアイスクリームを目指して、班のお友達とどうしたら早く固まるか考えながら作成していました♪できあがった、アイスは美味しかったようで「家でも作りたい!」と満足していました。

2016052218 2016052219

アイスクリーム作りの後は、1~3年生のベーシックコースは空気砲作りをしました。配られたダンボールを前に、子どもたちは、班のみんなと話し合いました。「どこから組み立てようかな?」「穴の大きさはどうしようか」どうすれば威力の強い空気砲になるかを考えて作成にとりかかりました。

2016052221 2016052220

完成した空気砲を使って、ゲーム形式で実験です。宇宙人を退治する的当てゲームでは、威力の違いを実感したり、ゆらゆらとお化けをゆらすゲームではどこまで空気砲が届くかを試したりしました。空気砲に煙を溜めて撃ち出す実験では、煙がどんな形で出てくるか興味津々な眼差しで観察しました。ドーナツ型をハッキリと確認できたときは、子どもだけでなく大人も大興奮しました。どの班も自分たちで作った空気砲を使った実験で盛り上がりました。

2016052222 2016052223

4年生以上のエキスパートコースではブーメラン作りをしました!手作りのブーメランが飛んで戻ってくる様子をみて子どもたちは興味津々です!初めはブーメラン作りに苦戦し、戻ってくるブーメランはなかなか作れませんでした。

しかし「やわらかい紙だと飛ばないの?」「羽の形を変えたら戻ってくるかも」と自分なりに考え、試行錯誤することで、よく飛んで戻ってくる素敵なブーメランを作ることができました♪ブーメランを作ることができたら、検定形式でゲームをしました。

2016052225 2016052224

検定は投げたものを上手にキャッチするといった内容ですが、この検定が一筋縄ではいきません!子どもたちは自分なりにブーメランに工夫をしたり、練習を重ねることによって検定に取り組んでいました。自分の作ったブーメランが戻ってくる不思議を体験して、みんなとても盛り上がっていました!

2016052226 2016052227

今日の「あそびの達人」を通して、自分なりに考えるおもしろさや、疑問に思ったことを調べるおもしろさを、感じてもらえればいいなと思います☆また、来月の「あそびの達人」で会おうね!!

(プロジェクトメンバー りく)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年7月・8月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【公開】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小中学生対象のキャンプやスキー、自然体験ツアーを提供。夏休みに行うサマーキャンプ全11コースの参加者を募集中!

詳しくはこちら

日程:2018年8月17日~19日

場所:群馬県前橋市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:夏休みキャンプ
山とテントのコース

日本百名山の一つ赤城山で2泊3日のサマーキャンプ!テントで基地づくり、ロープワーク、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくりなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >