子どもキャンプ

夏休み子どもサマーキャンプ2016(長野・川と森のコース/千葉・海と岬のコース)のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!

2016/06/25

2016062510 2016062513

夏休み子どもサマーキャンプ2016(長野・川と森のコース千葉・海と岬のコース)のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!

本日は、7月29日~8月1日に実施される「長野・森と川のコース」と8月7日~9日に実施される「千葉・海と岬のコース」のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!この打ち合わせ会は、子どもたちが健康で安全に楽しく過ごせるように、キャンプ3日間のスケジュールや移動方法、現地の活動場所などの情報を参加スタッフ間で共有する会です。どのスタッフも真剣な様子で参加していました。

長野キャンプの川と森のコースでは、現地の様子や過去のプログラムの様子を写真で見ながら、スタッフみんなでイメージを膨らませていきました。長野県は周りを豊かな山々と自然に囲まれた、阿南少年自然の家という場所に宿泊します。「どんな大自然の魅力を感じられるのだろう」とスタッフも楽しみな気持ちで聞いていました♪

千葉キャンプの海と岬のコースでは、活動場所となる大房岬について、施設の中や現地の魅力について説明しました。大房岬は、たくさんの緑や海に囲まれた自然豊かな場所です♪さらに、きれいな景色を360°見渡せる展望塔や、薄暗くてちょっと不気味な要塞跡地、冒険心をくすぐられる洞穴など、普段は見ることのできない場所がたくさんあります!スタッフもワクワクしながら説明を聞いていました☆

2016062511 2016062512

続いて、キャンプで実施するプログラムの詳細や注意点、危険個所などを確認しました。長野キャンプでは「クラフト」「流しそうめん」「天体観測」、千葉キャンプでは「アドベンチャーラリー」「キャンプファイヤー」など、両コースとも、魅力的なプログラムが盛りだくさん☆プログラムの内容と共に、注意した方がいいポイントなども確認していきました。また、夏キャンプならではのプログラムである、川遊び(長野・森と川のコース)や磯遊び(千葉・海と岬のコース)、自然散策(両コース共通)などの安全上の注意点などもしっかりと共有しました。

午後は、子どもたちが3日間を楽しく過ごすために必要な準備について話し合ったり、キャンプを円滑に進めるために裏方で動くスタッフの役割を決めたりしました。その後、7月10日に行われる保護者事前会の面談の練習をしました。大事なお子様を3日間お預かりするのに必要な情報を、漏れなくお聞きすることができるように、スタッフ一人ひとりが緊張感を持ちながら当日に向けたシミュレーションを何度も繰り返しました。

キャンプまで約1ヵ月となり、準備にも益々気合が入ります!参加する子ども達やスタッフみんなにとって、この夏一番の思い出になるように、最後まで駆け抜けていきます!!みんなに会えるのを楽しみにしているね☆

(プロジェクトメンバー あゆ)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年6月2日~3日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:子ども村
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる1泊2日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2018年5月20日

場所:都立水元公園

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:5月あそびの達人
宝探し★アドベンチャー

島には、秘密の宝が眠っている。手に入れるには、地図を頼りに謎解きやゲームに挑戦し、島に散らばる手がかりを集めなければならない!仲間と力を合わせてクリアせよ!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >