プレーパーク

2016年11月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2016/11/12

2016111219 2016111220

2016年11月の木場プレーパークを開催しました。前日までは寒い日が続いていましたが、当日は寒すぎず、外で遊ぶには最適の気候の中たくさんの子どもたちが遊びに来てくれました。この日は木工、泥遊び、絵具、手芸などの遊び場を実施したほか、木場公園で防災イベントも一緒に行い火起こし体験もできました。「火がついたよ!」と話に来てくれる笑顔を見ると嬉しくなりました。

2016111223 2016111212

木工コーナーではのこぎりやトンカチを使ってさまざまなものを作りました。普段、あまり使うことのない道具に最初は緊張しながらも、保護者の方やスタッフに教わりながら挑戦していきます。今回は長い木を使って剣を作ったり、小さな木に釘を打ちつけてロボットのペンダントを作ったりしました。中にはとっても大きなロボットを作った子もいて、その発想にはスタッフもびっくり!立派な作品ができましたね。

2016111213 2016111222

泥遊びコーナーでは、泥団子を作る子もいれば、裸足になって泥に飛び込む子もいました。元気な子どもたちにとっては冷たい水もなんのその。みんなで協力して掘った穴の中に水を入れたときは子どもも大人も歓声をあげました。全身泥だらけになる子もいて、子どもたちのパワーを見せつけられた気がしました!

2016111221 2016111215

手芸コーナーでは、針と糸を使って裁縫をしたり、紙皿や紙コップに装飾したりして、自由に工作をしました。好きな布を縫い合わせてバッグや財布、ペンダントを作る子や、紙皿にどんぐりをつけてリースを作ってクリスマスを先取りする子もいました!高学年の子は好きな布を縫い合わせてパッチワークをしていました。木工コーナーで作ったテーブルに気に入った布を巻いてテーブルクロスを付けているおしゃれな子もいて、思わず欲しくなってしまいました(笑)幅広い年齢の子が楽しめるのは手芸コーナーの魅力の一つです。

2016111214 2016111210

午後からは絵の具コーナーが登場しました。地面に敷いた段ボールに思い思いの絵を書いていきました。普段の生活では画用紙に絵を描くことが多いですが、プレーパークでは大きなキャンバスに好きなだけ描けることが魅力!似顔絵や漢字など、好きな絵や文字を自由に描いていました。筆で絵を描くだけではなく、手に絵具を付けてスタンプにしたり、絵具を筆に付けてから息を吹きかけて銀河を描いたりしている子もいて、子どもたちの発想の幅の広さには驚きました。

2016111218 2016111217

その他、ベーゴマ場ではベーゴマバトルがスタート!大人も子どもも、夢中になって遊んでいました。毎月、ベーゴマの達人に会いに来る子どもがいるほど、木場プレーパークの名物のコーナーになりつつあります!

2016111211 2016111216

次回は、12月10日(土)の開催です。だんだん寒くなってきますが、来月も寒さを吹き飛ばすよう元気に遊びましょう!たくさんのご参加をお待ちしております。

(サポートスタッフ さとみん)

次回の木場プレーパークのお知らせ♪

▼これまでの木場プレーパークの様子♪(2009年4月~2015年5月2015年6月以降

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年7月・8月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【公開】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小中学生対象のキャンプやスキー、自然体験ツアーを提供。夏休みに行うサマーキャンプ全11コースの参加者を募集中!

詳しくはこちら

日程:2018年8月17日~19日

場所:群馬県前橋市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:夏休みキャンプ
山とテントのコース

日本百名山の一つ赤城山で2泊3日のサマーキャンプ!テントで基地づくり、ロープワーク、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくりなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >