プレーパーク

2017年2月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2017/02/15

今月もプレーパークの日がやってきました!当日の木場公園には、寒さに負けず、元気な子ども達が集まってくれました。そんな今回のプレーパークでは、木工、布、泥遊び、絵の具、ベーゴマ、ロープ遊びの6つの遊び場が設置されました。



木工では、親子の力作がいたるところで見られました。中には、船やマジックハンド、飛行機などといった力作も!工作や道具の使い方を通して親子の関係が深まっていくのが、この木工の魅力でもあったりもします。ノコギリの使い方に苦戦していた子も、最終的には、なんと大人の手首を越える太さの木を一人で切っていました。一人で切り終えた時の満足した顔と成長した姿は、木工コーナーならではのものです。また、当日はリーダーから教わった工具の使い方を友達やプレーパークで出会った子で、教え合う頼もしい姿も見られました。



さて泥遊びのコーナーでは、「小さな泥の町」が出来上がっていました。みんなでそれぞれ工夫を凝らし泥の山にトンネルが開けたり、川や、湖、道を作り、町がドンドンと広がっていく姿が印象的でした。町の一角では、小さなパティシエによる泥ケーキ作りが行われていました。葉っぱや小石を使ったデコレーションには、思わず保護者の方と一緒に「おいしそう」の言葉がこぼれるほど。「決まった形がないからこそ引き出されるキラキラしたアイディアと遊びがある」それが泥遊びコーナーの魅力でもあります。



次に布工作コーナーでは、女の子を中心に厚紙が大活躍!厚紙を使い王冠を作り、白いレースの布をくっつけてベール(花嫁が結婚式で被る布)のような素敵な形を作り上げていました。出来上がった王冠を被ると、皆プリンセスに!他にもできた作品を「どうやったらもっと良くなるのかなー」と色を塗ったり、ビーズなどでかざり付けをしたりなど、友達やプレーリーダーと工夫を凝らしている姿が印象的でした。



午後から始まる絵具のコーナーが始まると、木場公園は、とってもカラフルになります。それぞれが好きな色の入った入れ物と筆を手に、身の丈を越える段ボールや布の大きなキャンパスに絵を描いていきます。

また、今回は、工作が得意なお父さん達が、段ボールを大きなドーム型の家を作り上げ、子ども達が中に入って絵具を塗ったり、かくれんぼをしたりなど、大人・子どもで遊び場を拡大していく光景が見られました。さらに、先月から登場した段ボールを着た「段ボール星人」が、今回も登場!子ども達は、段ボール星人を追いかけ周りカラフルに塗り、遊んでいる間に自分の服にも絵具が飛んでいたり…。笑顔と、色があふれる絵具のコーナーが今回できました。



他にも午後からは、大縄跳び、綱引きが大盛況。リーダーも子ども達もクタクタになるまで大縄、綱引きをすると汗が出るほど、暖かくなっていました。寒い日には、こういう風に思いっきり体を動かすのもいいですね。みんなで声を掛け合い跳んだ今回の最高記録は17回。次回は何回跳べるかな?今回もベーゴマが大盛り上がり。難しい糸巻きも、みんなで協力すればなんのその。毎回最後には、大人も子どももみんな一人で回せるようになるほどに上達しています。



今回のプレーパークでは、子ども達の成長と、笑顔がどこの遊び場でも見ることができました。プレーパークを行っている半日のうちにも、みるみるうちに子ども達が成長していく姿に、スタッフ、リーダー達は、毎回とても良い刺激をもらっています。

次回のプレーパークは、3月11日です。次回は、いつもの遊び場に加え、1年ぶりに段ボール工作教室と段ボール祭りを開きます。お楽しみに!

(プレーリーダー かいちゃん)

次回の木場プレーパークのお知らせ♪

▼これまでの木場プレーパークの様子♪(2009年4月~2015年5月2015年6月以降

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年3月30日~4月1日

場所:千葉県長柄町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ・春休みキャンプ
千葉・アウトドアコース

トムソーヤもびっくりの本格的なログハウスでキャンプ!薪で火をたいてクリームシチューや特製のおやつを作ろう!高い壁を自分の力で登るクライミングウォールにも挑戦!

詳しくはこちら

日程:2018年3月24日~26日

場所:長野県立科町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ・春休みキャンプ
長野・スキーコース

美しい冬の雄大な自然に囲まれた蓼科白樺高原を楽しく滑ろう!初心者も経験者も大歓迎!スキーのレベルに応じてグループに分かれ、専門インストラクターがレッスンします!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >