子どもデイプログラム

「みんなで作る!キッズタウン-世界にひとつの子どもの町であそぼう!はたらこう!」(2017年2月「あそびの達人」)活動報告

2017/02/19

本日は、2017年2月「あそびの達人」(みんなで作る!キッズタウン-世界にひとつの子どもの町であそぼう!はたらこう!)を開催しました。「キッズタウン」とは、「お店で働く店員さんも買い物をするお客さんも、みんな子ども」というまちです。この活動は、毎年バージョンアップしながら今年で4年目の活動となります。今回は、どんなキッズタウンができあがるのか、ワクワクドキドキです!



まずは、今日1日働くお店を班で選びます。働けるお店は、お花屋さん・ピザ屋さん・ゲームセンター・ファッションアクセサリー・美容サロン・占いの館の6つです。「このお店ではどんなものを売るのかな?」「このお店にはどんな仕事があるのかな?」スタッフの話を聞きながら班で話し合う姿は、真剣そのものです!



働くお店が決まったら、次は開店準備です。これから自分たちが売る商品を目の前にして、子どもたちの顔が一気にキラキラしてきました!お店の看板をつくったり、接客の練習をしたり…、ピザ屋さんでは調理の練習も始まって、キッズタウンに美味しそうな匂いが漂ってきました♪



開店準備ができたら、いよいよキッズタウンの始まりです!班のみんなで作戦を立てながら人気のお店を目指します。新商品を出したり、商品の値段を変えてみたり…。そんな中、美容サロンはなんと予約待ち!「予約の○○さんいらっしゃいますかー?」という声が何度も聞こえてきました。



そして、キッズタウンでは働くだけではなく、お客さんとして買い物もできます。お給料をもらってまちへ遊びに行く子どもたちの顔はみんなワクワク嬉しそう!ゲームセンターのボウリングにはまってランキングの常連となっている子、占いの館の御守りを家族のお土産に買っている子、みんなそれぞれキッズタウンを思いっきり楽しんでいました☆



さらに、キッズタウンでは午後になるとアルバイトができます!アルバイトは、自分のお店とは別のお店の仕事を経験できるチャンスです。アルバイトの子に仕事のやり方を教えてあげるのは、仕事に慣れてきたそのお店の子どもたち自身!アルバイトの子の横で接客のサポートをする頼もしい姿もみられました。



そんな中、お花屋さんやファッションアクセサリーではお店を一時準備中にする場面も見られました。「商品の在庫が少なくなってしまったので、みんなで協力してつくる」とのこと!お店のピンチもみんなで協力して乗り切っていきます!



さぁ、キッズタウンもいよいよ大詰め!子どもたちが飾りつけたキッズタウンゲートをくぐって、保護者の方がお客さんとしてやってきました。どのお店も大盛況で、最後にはほとんどのお店が商品をすべて売り切って、自然と拍手が沸き起こっていました!



今回のキッズタウンは、昨年にも増してとってもにぎやかなまちになりました!こんな素敵なまちができたのは、子どもたちが協力して、真剣にお店のことを考えてくれたおかげです!ぜひ、また来年もみんなでキッズタウンを盛り上げに来てください!



次の活動は、3月のキャンプ!またみんなと会えるのを楽しみにしています♪

(プロジェクトメンバー もや)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年7月・8月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【公開】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小中学生対象のキャンプやスキー、自然体験ツアーを提供。夏休みに行うサマーキャンプ全11コースの参加者を募集中!

詳しくはこちら

日程:2018年8月17日~19日

場所:群馬県前橋市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:夏休みキャンプ
山とテントのコース

日本百名山の一つ赤城山で2泊3日のサマーキャンプ!テントで基地づくり、ロープワーク、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくりなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >