子どもキャンプ

GW子どもキャンプ2017(2日目)

2017/05/04

GW子どもキャンプ」の2日目を迎えました!朝起きたらまずは体育館で朝のつどいです。今日1日のスケジュールを確認し、体操をして体を動かしました。その後は、1日元気よく活動できるように、しっかり朝食を食べました。

2日目最初のプログラムは、低学年と高学年に分かれて行いました。まず低学年のお友だちは、1日目に作成した「ペットボトルロケット」を打ち上げました。班ごとにペットボトルに入れる水や空気の量を相談し合いながら、どの班が1番遠くに飛ばすことができるか競いました。遠くまで飛んだときは歓声が上がり、とても盛り上がりました。1番遠くまで飛んだ班は、前日の高学年のお友だちよりも飛んだ!?と思うくらいの記録が出ました。高学年は自由時間を過ごしました。前日に班ごとにミッションを出し合い、他の班が作ったミッションをクリアするウォークラリーを行いました!小見川を知り尽くす「小見川マスター」を目指し、施設内を探検しました。

続いてのプログラムはカヌーです。強風が心配されましたが、「カヌーを漕ぎたい!」というみんなの思いが届いたのか、天気は快晴!風もそこまで強くはなく、無事にカヌーを実施できました。2人1組でペアを組み、施設の方からカヌーの漕ぎ方を教えていただき、イメージトレーニングはばっちり。

ライフジャケットとヘルメットを着け、いよいよカヌーに乗ります!パドルを一生懸命動かして、2人で協力しながらカヌーを漕ぎました。カーブするのが難しく、苦戦しているペアもたくさんいましたが、漕ぎ終わったみんなの顔は達成感に満ち溢れていました!

午前のプログラムが終わり、外でみんなでお弁当を食べた後は、いよいよ野外料理のプログラム!野外料理で作ったのは、みんな大好きなカレーライスです!野外炊飯場に集まり、お米を飯ごうで炊いたり、包丁で野菜を切ったりしてカレーライスを作ります。カレーコンテストで優勝するために、美味しいカレーライスを作るためには、どうしたらいいか班のみんなで考えながら作りました。

高学年は、かまどの火つけにも挑戦しました。さらに自分たちの班のかまどだけではなく、低学年のお友だちのかまどにも火をつけてくれ、高学年の頼もしい姿が見られました。完成したカレーライスは審査員に試食してもらい、工夫したところをアピールしました。どの班のカレーライスもとても美味しくできあがり、あっという間に食べ終わってしまいました。

コンテストでどの班が優勝するのかは明日のお楽しみです!食べ終わった後は片付けです。かまどのすすが付いた鍋をぴかぴかにするのはとても根気がいる作業でしたが、最後まで班のみんなで協力して片付けを行いました。

カレーライス作りの後は、お風呂の時間です。お風呂のルールはちゃんと守って、みんなで楽しくお風呂に入りました。お風呂から出た後は、就寝準備と明日の準備をしてそれぞれの部屋ごとの時間を楽しみました。みんなでお話をしている班や、トランプで遊んでいる班もありました。就寝時間を守ってみんなベッドに入ります。2日目もあっという間でした!明日は、とうとうキャンプ最終日です。最後まで楽しみましょう!

>>1日目の記事へ
>>3日目の記事へ

(サポートスタッフ もっちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年10月19日~25日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

日程:2017年10月14日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >