学習支援活動

2017年度第1回土曜学習に行ってきました!

2017/06/03

本日は、今年度初の土曜学習に行ってきました!仮校舎でしたが、綺麗で広くてびっくり!ドキドキしながら中に入ります。土曜日にも関わらず、多くの子どもたちが参加してくれていました。今回、私は2年生を担当しました。

1時間目は算数。文章題と筆算の問題です。得意な子はスラスラと解いていきますが、ほとんどの子は手が止まってしまったりと苦戦していました。特に「あんぱんが75円、クリームパンは92円です。どちらが何円やすいですか?」という問題では、「あんぱん」から「クリームパン」を引いて答えが出なくなってしまう、というのが多く見受けられました。しかし、一緒に問題文を読んで考えてみると、正しい式をたて、答えを導き出していました。他にも時計をよむ問題がありましたが、ほとんどの子が得意なようで短時間で終わらせていました。

「休み時間だよ」と先生が声をかけてもプリントに向き合っている子が多く、みんな一生懸命に多くの問題を解こうとしていました。その熱意にこちらがびっくり!学ぶことが楽しいって気持ちをもてることは、とてもいいことですね。

2時間目は国語です。「ふきのとう」と「たんぽぽのちえ」の文章題をやりました。私自身、「なつかしいな~!」と思いながら一緒に考えました。多くの子が算数よりも国語の方が得意なようで、ほとんど手も止まらず解いていました。「ちょっと難しいかな?」と思った問題は、本文では受動態で書かれている部分を、答える時には能動態に直す、というような問題です。本文のまま受動態で答えてしまっている子も見受けられ、私自身も難しいなと感じました。しかし、やはり国語も算数と同じように、一緒に本文を読むとひらめいてくれる子が多く、「わかった!」という表情で解いている子どもたちを見ると嬉しくなりました。

疲れてしまったり集中力がきれてしまっても、先生から喝をもらいつつみんな頑張っていました。終わった後は、笑顔と明るい声で「ありがとうございました!」とみんな挨拶してくれました。学年があがってお兄ちゃん・お姉ちゃんになったばかりの2年生ですが、みんな学校が好きで、学習にも楽しんで取り組んでいたように思います。元気いっぱいで一生懸命勉強に向き合っている子どもたちと、これからも一緒に学習できるのが楽しみだな~と思いました。次回の土曜学習も楽しみです!

(サポートスタッフ みずぴ)


募集中のプログラム

日程:2018年10月6日~8日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2018年9月15日~17日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >