子どもデイプログラム

2017年9月「あそびの達人」のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!

2017/09/03

本日は、9月「あそびの達人」(ワクワク!ドキドキ!アスレチック-とんで!くぐって!よじ登れ!)の事前打ち合わせ会を行いました。今月の「あそびの達人」は、横浜つくし野フィールドアスレチックに行きます♪フィールド内には、50種類に及ぶアスレチックがあり、上ったり、くぐったり、水上を渡ったりと全身をつかってアスレチックに挑戦することができます!また、個人競技になりがちなアスレチックでも、チームで共通の目標を持ち、助け合い・励まし合いながら進めていくことを目指します。事前打ち合わせ会では、参加スタッフが集い、活動場所の危険箇所の確認やプログラム内容などの情報共有を行いました。

まずは、集合・解散場所からの移動経路と現地の様子、そこでの注意点やマナーについて確認しました。アスレチックのある場所までは、最寄り駅まで電車を利用し、そこからは徒歩での移動になります。長時間の移動となるので、乗り換えや徒歩移動での注意点を、写真を交えながら共有しました。また、アスレチックは普段ではあまり経験できない全身運動となり、様々な場面でケガが起こり得ます。アスレチック実施中に注意すべきことも確認しました。

次は、当日に行うプログラム内容の説明です。今回は、みんなで「アスレチックマスター」を目指します!使用する地図やガイドブックを使いながら、アスレチックマスターになるための道のりを丁寧に確認しました。アスレチックの難易度や班内でクリアした人数によって獲得できるポイントが変わるため、どのようにポイントをゲットできるか、みんなでシミュレーションを行いました。

その後は、子ども達の安全・健康面やマナーへの配慮等について、具体的に何をするか役割ごとに打ち合わせました。また、運動が苦手な子も様々なアスレチックに挑戦するためには、スタッフからどんな働きかけができるのか、チームとしてどのように班の雰囲気つくりをするか意見を出し、話し合いを深めていきました。

当日は、たくさんの子どもたちとスタッフでフィールドアスレチックを行います。子どもたちと一緒にチームで様々なことに挑戦していく楽しさを知ってもらえるように、準備を進めていきます。「あそびの達人」まであともう少し!みんなに会えるのを楽しみにしています!

(プロジェクトメンバー ばんちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年10月19日~25日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:親子・学生・社会人

家族や仲間と田舎に泊まろう!
農業体験・ボランティア

四季折々の豊かな自然の中、親子・家族で本格的な農業体験や自然遊びが楽しめます。また、学校や会社の仲間と山間過疎地の援農ボランティアにチャレンジできます。

詳しくはこちら

日程:2017年10月14日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >