学習支援活動

2017年度第5回土曜学習に行ってきました!

2017/12/02

今年度第5回目となる土曜学習に行ってきました!寒い中でも多くの子ども達が参加しました。私は、今回2年生を担当しました。子ども達の元気に負けないよう頑張ります!さて、教室に入ると、お友達同士で元気に賑わっていました。そんな様子を見て私も明るい気持ちになりました。そして、先生の合図でご挨拶。さっきの賑わっていた様子とは一変、きちっと姿勢を正して大きな声でご挨拶をしていました。

まずは、算数の時間で、九九の掛け算です。九九は語呂の良さで皆覚えていたようなので、とてもよく出来ていました。早口で九九を一段ずつ暗唱している子ども達を見て驚きました。少し難しかったのが、かけ算の文章題です。1つ分あたりの数といくつ分の数の掛け合わせだという事を理解するため、1つ分あたりの数といくつ分の数が何に当てはまるかを答えてもらいました。

文章題は図を書いて説明する事で、子ども達は「わかった!」と言って直していました。プリントを見せに来る子ども達に「全部合ってたらはなまるだよ!」と言うと、ワクワクドキドキソワソワしながら丸付けを見ていました。はなまるをもらえると、「次もはなまる欲しい!」と言って真剣に取り組む姿が見られました。

次は国語の時間で、文章の読解問題です。鳥の知恵についての文章題を読みました。文章中に答えがそのまま書いていない問題があり、それには子ども達はかなり頭を悩ませていました。答えのない問題に、本当にこれでいいのかなと不安になってしまう子どもが多かったです。そんな時は「一緒に考えてみようか」と子ども達一人ひとりとじっくり文章を読んでみたり、「これってどういう意味だと思う?」と問いを作って説明してもらう等の工夫をしました。会話の中ですらっと答えが出てくる事もあり、「これが正解か!」とひらめいた瞬間にはとても喜んでいました。

全てのプリントが終わると、急いで帰る子や友達同士で「何時に待ち合わせね!」と話す姿が見られました。勉強を終えてもまだまだ午前中という事で、この後の習い事や遊びの時間を楽しみに勉強を頑張っているようでした。

そんな遊びにも勉強にも全力な姿を見て私も頑張ろうと思いました。元気な子ども達がこれからもどんどん成長していく姿を見るのを楽しみにしています!また、来年会いましょう!それまでに私も成長出来たらなと思います。

(サポートスタッフ はっち)


募集中のプログラム

日程:2018年1月28日

場所:江東区文化センター

対象:小学生・中学生

建物や乗り物をデザインしよう!
まちを作って遊ぼう!

プロのデザイナーの先生に教わりながら、仲間と力を合わせて世界に一つの「まち」を工作しよう!アイデアいっぱいの建物や乗り物を作って、ボクらのまちを完成させよう!

詳しくはこちら

日程:2018年1月13日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

子どもが自由にのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >