講演・研修

2019年度第一回ステップアップ研修会を行いました!

2018/11/03

本日は、今年度最初の「ステップアップ研修」を開催しました。この研修は、入会して3年以内のボランティアスタッフを対象に実施しています。子どもたちとの教育活動を行っていくうえで、必要な知識や考え方・技術などを修得してもらうことを目的としています。

 

はじめに、グループごとに自己紹介を行いました。しかし、ただの自己紹介ではありません。自身の簡単なプロフィールに加えて、「実は私、〇〇なんです」を1つ紹介するというのがミッションでした。スタッフの意外な一面を知り、これから一緒に学んでいく仲間と楽しくコミュニケーションをとることができました。この研修には、これまでたくさんの活動に出ているスタッフもいれば、まだ入会して間もないスタッフもいます。また、年齢も、学んでいることも、職業も、夢職人に入ったきっかけもみんな違います。「ステップアップ研修」は、そうした多様なスタッフが集まって行われているのだと、改めて感じました。

さて、いよいよ本編です!今回は、実際の現場で子どもとの関わりに悩んだ例を挙げ、ケースワークを行いました。「もう少しでクイズが解けそうだが、時間なのでもう戻らなくてはいけない」「プログラム中、子どもたちの興味がバラバラにそれてしまっている」などの具体的な事例をもとに、グループに分かれ話し合いました。同じような経験をもつスタッフは「あるある!」と共感したり、まだ入会して間もないスタッフは「こんな状況になることもあるんだ…」と想像をふくらませたり。各グループに入っている先輩スタッフの助言も参考にしながら、「どうして子どもたちはこうした状況になったのだろう?」「どんな対応が考えられるだろう?」と議論をしました。

夢職人では、すべて個人ではなく「班活動」でプログラムを行います。学校、学年、性別も違う子どもたちが同じ班になり、野外料理や宝探しなどを進めていきます。ですので、その過程にトラブルはつきもの。大人が一人ひとりにどう関わっていくかを、子どもたちはよーく見ています。「自分が班の一員であると思えていないのでは?」「班の目的がバラバラになっているからでは?」など、たくさんの意見が出ました。原因を考えることで、どうしたらよいかが少し明確になります。しかし実際の現場では、その場ですぐに判断し、目の前の子どもたちに関わっていく必要があります。こうした場でじっくりと考え議論する機会は、とても貴重なものでした。

今回は、過去に起きた事例の検討でしたが、子どもたちと関わる上で「大事にしたい考え方」を改めてスタッフ間で共有することができました。子どもたちとの関わりに正解はありません。同じ状況になったとしても、子どもによって違います。その都度、最善の方法を考えながら、「手を変え、品を変え」関わっていくことが大切だと改めて感じました。ただプログラムを遂行するのではなく、「目の前の子どもたちにどうなってほしいか」を常に考え、自身も成長しながら子どもたちと関わっていきたいです。

これまでのスタッフ研修の様子

(サポートスタッフ・こだちゃん)


募集中のプログラム

日程:2019年9月14日~16日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2019年9月14日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >