学習支援活動

2017年度第6回土曜学習に行ってきました!

2018/01/13

今年度第6回目となる土曜学習に1月13日に行ってきました!子どもたちは、冬休みが終わり、学校が始まって1週間たったとのことです!今回、私は3年生を担当しました。教室に入ると絵を書いたり、土曜日の午後の予定を話していて盛り上がっている様子です。

そして、1時間目が始まる時間になると、担任の先生からの声かけがあり、みんなで挨拶をしてから始まりました!この始まりの挨拶は「元気よく大きな声で最初の挨拶をやってくれる人ー?」と先生が聞いていてから始まったのですが、たくさんの子どもたちが手を挙げて「やりたいー!」と言っていました!そして、選ばれた2人子どもの「おはようこざいます!」の声に続き、教室全体に「おはようございます!」と元気な声が響きわたりました!

まず、1時間目の国語が始まります。先ほどまで賑やかだった教室が、プリントを渡されたときにはみんな問題に集中して解き始める姿勢が作られました。「3年とうげ」を読んでおじいさんの気持ちを整理していきながら問題を解いていき、「わからない」という問題があったときには「どこに書いてありそうか探してみよう」と私も声をかけていきながら一緒に考えていきました。また、漢字の問題プリントを解いているときに分からないものがあったときには、辞書を使って調べていく子どもがいました!そのまま漢字を覚えるだけでなく、書き順も確認していきながら一緒懸命覚えていく姿がとても印象的でした!

そして、2時間目は算数の時間です。円の問題が中心となっていたので、コンパスを使って円を書く問題や、問題文で「直径」と「半径」をよく読まないと間違えてしまうような問題がありました。正解を出すまでに時間がかかってしまう子どももいましたが、私は「どこまで分かったかな?」と声をかけて確認していきながら子どもと一緒に解いていきました。最初は分からないと言っていた子どもが解き終わったあとは「できたー!」と嬉しそうに笑顔になっていた姿を見て私も非常に嬉しかったです!

2時間目がおわり「さようなら!」と挨拶をしたあとも、子どもたち同士で「一緒に帰ろう!」とお互いに声を掛け合っていき元気よく帰っていきました!今回の担当させていただいたクラスは、1つのクラスのみでしたが、「明るく元気」「勉強に一緒懸命取り組む」という子どもたちの姿を間近で感じることができた機会でした!次の土曜学習でもさらに成長した子どもたちと会えるのを楽しみにしています!

(サポートスタッフ りな)


募集中のプログラム

日程:2018年10月6日~8日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2018年9月15日~17日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >