子どもデイプログラム

2018年2月「あそびの達人」の試作会を行いました!

2018/01/21

本日は、2018年2月「あそびの達人」(みんなで作る!キッズタウン-世界にひとつの子どもの町であそぼう!はたらこう!)の試作会を行いました! 2月の「あそびの達人」と言えば、そう!毎年恒例の「キッズタウン」です。

キッズタウンとは、ゲームセンターや飲食店、インテリアショップなどなど、実在するお店をモデルするお店を運営し、子ども達自身で作り上げていく仮想の街のことです。あそびの達人当日は、お店を運営するスタッフと共に、各班の子ども達がそれぞれ1つのお店を運営したり、働いて得た給料を使ってお買い物が出来たりします。また商品を販売・サービスを提供するほか、新商品を作って販売したり、サービス内容を工夫したりと内容盛りだくさんです!このように社会のしくみを学びながら楽しむことができるので、毎年人気のプログラムとなっています!

今回のキッズタウン試作会当日は、多くのスタッフが集まり、各お店を実際に開店させて、商品やサービスの確認を行いました。達人当日に子ども達がお店を運営する際に、子ども達にとってどのような印象を与える商品・サービスなのか、追加で商品を制作する際に作りやすい商品なのか、また安全面などを確認していきます。

活動当日は、子ども達が「仕事をする人」「お買い物をする人」に分かれるので、今回はスタッフが「仕事をする人」「お買い物をする人」に分かれて活動しました。インテリアショップや、占いの館、飲食店などたくさんのお店をオープンさせると、部屋の中は、まるで週末のショッピングモールのように大賑わいに!

マジックショーのお店では、どの公開時間も多くのお客さんが集まり、驚きのマジックショーを鑑賞。飲食店では、タコ焼き器を使用しながら作るアツアツ!のおいしい食べ物に、大盛況が続きました。インテリアショップでは、お家でかざりたくなるような、可愛いくて、また可愛い置物や壁掛けグッズがたくさんあり、人気を集めていました。どのお店も、大盛況で会場全体はとてもにぎやかで盛り上がりました!達人当日がとても楽しみです。

最後に、実際にキッズタウンを試してみて良かった点や改善点をスタッフ達で話し合いました。今回の試作会での経験をもとに、改良を重ねていき、本番ではたくさんの子ども達と楽しいキッズタウンなるように準備を進めていきます!活動当日は、みんなで楽しく社会のしくみを学んでいきながら、世界にたったひとつだけの「キッズタウン」を作っていきましょう!みなさんの参加をお待ちしています!

(サポートスタッフ かいちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年10月6日~8日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2018年9月15日~17日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >