子どもキャンプ

春休み子どもキャンプ2018のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!

2018/02/25

本日は、「春休み子どもキャンプ2018」長野・スキーコース千葉・アウトドアコースのスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!両コースとも、二泊三日を予定しているキャンプです。子どもたちが3日間安全に楽しく活動ができるよう、参加スタッフの間で情報を共有していきます。事前打ち合わせ会は午前と午後に分かれて行いました。午前は、プログラムを実施するうえで安全面・健康面で気をつけなくてはいけないことや移動の仕方・現地の情報について共有を行いました。

長野・スキーコースは、今回も「感環自然村」のみなさんにスキーのインストラクターとしてご協力を頂きます。昨年と変わったのは、今年から「白樺高原国際スキー場」という新しい場所を利用すること。まずは現地の様子を写真で確認していきました。見通しのよいゲレンデでとても気持ちよく滑ることができるこのスキー場、「ゴンドラリフト」などもあり、スタッフもワクワクが高まります。

スキーキャンプは、3日間通して繰り返しスキーに取り組みます。一人ひとりスキーにチャレンジしていく中で、どんなことを学んでほしいか?また、その学びがより大きくなるためには、どのように関わればよいか?について共有をしていきました。また、スキーは楽しいスポーツである反面、気を緩めれば大きな危険につながります。安全管理のポイントについても、丁寧に確認を行なっていきました。

千葉・アウトドアコースでは、一日目にクリームシチューを作ります。イチから火付けを行ったり、包丁を使ったりと本格的な野外料理を行います。二日目にはクライミングウォールとバウムクーヘン作りを行います。クライミングウォールでは、最大で9mの高い壁に挑戦できます。バームクーヘン作りでは、竹を使って作り上げていきます。三日目には工夫をしたり、三日間の思い出を詰め込んだりすることができるクラフトを行います。何を作るのかは当日のお楽しみです!3日間通して行う様々なプログラム、まずはこれらのプログラムの魅力や楽しさなどを確認していきました。また、安全上の注意や流れなどを、写真なども交えながら細かく説明を行なっていきました。

午後は、各キャンプで役割ごとに分かれて打ち合わせを行いました。その際、当日子どもたちが楽しく安全に過ごせるように、子どもとの接し方、部屋のルール、安全上気をつけなくてはいけないことなどについてそれぞれが考え、共有をしていきました。様々な工夫や意見があがり、充実した共有の時間となりました。

今回の打ち合わせは、キャンプ当日の子どもとの関わり方を事前に考える最初の機会となりました。この打ち合わせで終わるのではなく、本番までにどのようにしたらより良いキャンプになるかを、一人ひとり考えていきたいと思います。

本番まであと一ヶ月!!スキーコースもアウトドアコースもどちらも本番に向けてスタッフ一同、一丸となって頑張っていきます!多くの子どもたちのご参加をお待ちしております!!

(プロジェクトメンバー とむとむ)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年9月15日~17日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2018年9月9日

場所:高尾山

対象:小学生・中学生

探そう!感じよう!大自然のふしぎ
高尾わくわくハイキング

自然豊かな高尾山へハイキングに行こう!珍しい植物や昆虫を見つけたり、耳をすませば鳥のさえずりや小川の音が聞こえてきます。みんなで山頂を目指してがんばろう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >