子どもデイプログラム

2018年4月「あそびの達人」の実地調査・試作会を行いました!

2018/03/18

4月22日(日)に実施する4月「あそびの達人」では、「たき火で焼こう!棒パン作り!-好きな味で作って食べよう!」を行います。棒パン作りは、小麦粉をこねて生地を作り、かまどで焼いて自分だけのオリジナルの棒パンを作る体験ができます!子どもたちに思いっきり楽しんでもらうために、実施場所の「江東区若洲公園キャンプ場」にて、棒パン作りの試作と実施踏査を行いました!

まずは、当日の流れに沿って、集合場所から現地までの移動経路の確認です。当日に、子どもたちが安全に現地に向かうことができるように危険箇所の確認をしました。現地に到着をしたら、若洲公園内を調査しました。主に公園内での移動で注意する点や、キャンプ場のかまど数やトイレの個数の確認を行い、実施場所の安全面について確認しました。

その後、キャンプ場にて棒パン作りを行いました。当日は快晴だったため、青空の下で棒パン作りをスタートしました!まずは生地作りからです。小麦粉・砂糖などの材料を混ぜていきます!こねる工程においても子どもたちが楽しく出来るように、どのようにすれば「上手にこねることができるか」「楽しくこねる方法はないか」など、試行錯誤しながら取り組みました!

次に、1つにまとまった生地を1回目と2回目に分けます。1回目は生地自体に味をつけるために、ココアパウダーやカレー粉などを生地に練り混み、カラフルな生地を作りました!その後は、いよいよ棒にパン生地を巻きつけてかまどで焼いていきます!細く伸ばした生地を棒に巻きつけたり、棒を包み込むように巻いたりなど様々な巻き方を試し、かまどで焼いきます!焼きあがるとふっくらした棒パンが完成です。

そして、2回目の棒パン作りです!2回目は味の組み合わせだけでなく、中に具材を入れて焼きました。具材を入れるとまた違った味が楽しめ、とてもおいしい棒パンを作ることが出来ました。最後に、子どもたちが楽しく安全に棒パン作りを行うために、スタッフみんなで意見を出し合い、良かった点や改善点を話し合いました。

当日、若洲公園キャンプ場でたくさんの子どもたちが楽しく棒パン作りを行なうことができるように、引き続き準備を進めていきます!みなさんのご参加をお待ちしています! 

(プロジェクトメンバー りな)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年6月2日~3日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:子ども村
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる1泊2日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2018年5月20日

場所:都立水元公園

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:5月あそびの達人
宝探し★アドベンチャー

島には、秘密の宝が眠っている。手に入れるには、地図を頼りに謎解きやゲームに挑戦し、島に散らばる手がかりを集めなければならない!仲間と力を合わせてクリアせよ!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >