子どもデイプログラム

本格クリスマスケーキ作り~オリジナルケーキ&タルト(2018年12月15日「あそびの達人」)活動報告

2018/12/15

平成最後のクリスマスがやってきました。そんな記念すべきクリスマスにあわせて、12月「あそびの達人」(本格クリスマスケーキ作り~オリジナルケーキ&タルト)ではクリスマスケーキ作りを行いました。子どもたちの柔軟なアイディアでお店には売っていないオリジナリティーあふれる素敵なケーキを作ります。今回、小学1年生~3年生(ベーシックコース)はデコレーションケーキを、小学4生以上(エキスパートコース)は、タルトを作ることを目指します。

今回は、なんとサンタさんをクリスマスパーティに招待しました!彼は世界中のクリスマスケーキを食べ尽くしていて、普通のケーキでは満足しません。そんな「サンタさんが食べたくなるようなケーキ」というコンセプトをもとに、アイディアを出しながら形にしていくことになりました!まずは、班ごとにどんなケーキを作るのかを考えます。様々なアイディアが出てきて、和気あいあいと相談していました。そこからベーシックでは生地とクリームの色を、エキスパートではタルトの種類を決めて、ケーキの設計図を書きました。

設計図が終わったら生地作りです。べーシックではハンドミキサーでたくさんの卵を混ぜていきます。卵液がどんどん大きく膨らむので、それを見ることがとても楽しかったようです。一方、エキスパートでは、沢山ある工程を間違えないように一つひとつ確認しながら進めていました。

生地をオーブンに入れたら飾り用のお菓子を買いに行きます。スーパーではどうやったら定められた金額内で買い切れるか、みんなで電卓などで計算しながら相談し合っている様子が見られました。買い物から帰ってきたら焼きあがった生地の出来具合を、竹串で刺して確認します。無事にできあがっていてほっと一息!いい匂いに自然と笑顔がこぼれます。出来具合を確認したら、お昼ごはんを食べながらもう一度「どんなケーキにしようかな?」と、みんなで確認していきました!

お昼ご飯の後は、いよいよ飾り付けです。ベーシックではホイップクリームを泡立ててケーキに塗ったり、お菓子を組み合わせてサンタやトナカイ、家まで作ったりして、少しずつ子ども達のアイディアが詰まったケーキが出来上がっていきました。一方、エキスパートでは、大きいタルト1個と小さいタルト6個を惑星に見立てて表現をした、ベーシックにも負けないくらいの斬新なアイディアのタルトを創り上げていました!

飾り付けが終わって準備が出来たら、いよいよみんなの前で発表です。ここでサンタさんが登場し、子どもたちも大盛り上がり。大好きなサンタさんの前で自分たちの作ったケーキを発表し、みんなのケーキはサンタさんからも大好評でした。

発表が終わったらお待ちかねパーティーの時間です。自分達で作ったケーキをとても美味しくて、どんどん食べていきます。中には愛着がわいて、「このケーキは全部うちの班で食べるんだ!」と言う子もいたりしました。

二回実施した12月「あそびの達人」も、これで最後です。全体を通して、班の子ども同士の協力が出来ていて、みんなの思い入れのある素敵なケーキが出来上がっていました。来年はどんな驚きのケーキが出来上がるのかとても楽しみです。

>>1回目(12月9日)の様子

(プロジェクトメンバー マッチ)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2021年9月~11月

場所:東京東部エリア

対象:子育て家庭/3歳~高校生

【公募】利用者募集
子どもの食応援クーポン

コロナ禍における子どもの食の支援を目的に、一定条件を満たした3歳~高校生のお子様のいるご家庭に対し、協力加盟店の所定のメニューで利用できる無料クーポンを提供!

詳しくはこちら

日程:8月12日・16日・23日

場所:神奈川県三浦郡葉山町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:8月あそびの達人
葉山でとことん海あそび

関東でも有数の美しい景色が広がる葉山で、とことん夏の海あそびを楽しもう!海の達人と一緒に、スノーケリングにもチャレンジ!磯や海の中の生きものも見てみよう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >