プレーパーク

2019年5月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2019/05/11

2019年5月の木場プレーパークが都立木場公園にて開催されました。当日は朝から天気がよく、多くの子どもたちがプレーパークに訪れ、額に汗しながら遊んでいました。今回は、木工・泥んこ・手づくり・ロープ・午後からは絵の具コーナーの5つのコーナーを用意しました。

木工コーナーでは、好きな形に切った木材を、ボンドや釘で固定することで、飛行機などの乗り物や、机や棚、鳥小屋などの作品を作っていました。薄い平板を固定するために、木工ボンドを使ったり添え木を当てたり、子どもたち各々の工夫をしながら、自分たちの想像する形を作ろうとする頑張る姿が見れました!作品が上手く組み上がらないこともありましたが、ものづくりの大変さを身をもって実感する機会が得られたのではないかと思います。

泥んこコーナーでは、地面を掘って川を作ったり、土を積み上げて山を作ったりして、みんなで水を流して遊んでいました。当日の気温が25℃を越えていたこともあり、泥で汚れることも気にせずに、みんなで気持ちよさそうに泥のプールで泳いでいました!

 

手づくりコーナーでは、紙皿や紙コップ、布を使って、果物や人形、楽器など子どもたちの自由な発想で、様々な作品ができあがりました!大盛況すぎて、材料がなくなってしまうほど、たくさんの作品が出来上がっていました。

ロープコーナーでは、木の間に張ったロープの上で鬼ごっこをしたり、ブランコや綱引きなどをしたり、長くて丈夫なロープならではの遊びをしていました!“ロープを使ってどんな遊びができるのか”、限られたスペースの中で、子どもたち自身の視点で、みんなで遊ぶための場所を作ることができていました。

絵の具コーナーでは、小さな芸術家たちが大きなキャンパスに大量の絵の具を使って自分を表現する姿が見られました。最後に出来上がった大きなアーチは、立派な現代アートとして完成しました!

また、今回もベーゴマの達人が来てくれました!達人と対決しようと、多くの挑戦者が名乗りをあげていました!勝敗はいかに…?うまく回せなくても、何度も何度も挑戦できることが楽しいですよね。

今回のプレーパークでは、子どもたち自身が「自分がやりたい!」を表現する場を提供できていたように感じました!木工作業などの初めての作業でも、心配する親たちを尻目に、精一杯の自己表現にチャレンジしていたように思えます。これからも、色々な事に挑戦できる学びの場を提供できるように頑張ります。

次回の開催は6月8日(土)です。梅雨入りするシーズンになりますが、子どもたちが遊びやすい天気になってくれることを願いつつ、沢山の子どもたちが遊びに来ていただけることを心よりお待ちしております。

(プレーリーダー せんざい)

次回の木場プレーパークのお知らせ♪

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2019年10月12日~14日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2019年9月14日~16日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >