プレーパーク

2019年9月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2019/09/14

本日、都立木場公園にて2019年9月のプレーパークが開催されました。8月は定休月だったため2カ月ぶりの開催となります。朝には少し雨が降っていましたが、開始の頃にはすっかりあがり太陽も出てきました。涼しく外で遊ぶにはぴったりの天気となりました!今回は、木工、泥んこ遊び、手作り工作、ロープ遊具、絵の具遊びに加え、絵本の読み聞かせ、ベーゴマなどを行いました。秋の訪れを感じる中、たくさんの子どもたちが遊びにきてくれました。

木工コーナーでは、木を切ったり釘を打ち付けたりしながら、椅子や机、パチンコ、剣など、自由な発想で作品をつくっていました。そして大人気だったものが“どんぐり”です!自分でつくった作品にどんぐりで飾り付けをしたり、どんぐりの標本をつくったりする子も見られました。

泥んこコーナーでは、大きな砂山と川ができあがりました。山にはトンネルを掘っていき、トンネルが繋がったときには歓声が!嬉しそうな笑顔も見られました。川には水を流して中に入り、子どもたちは大はしゃぎ!泥をかけあい、全身泥だらけになる子もたくさんいました。他にも泥団子をたくさんつくって山に飾ったり、お月見をしたりして、泥んこ遊びを楽しんでいました。

手作りコーナーでも子どもたちに大人気だったのは“どんぐり”です!マラカスやポシェットなど、紙コップを使った作品に加え、どんぐりをたくさん集めて思い思いの作品をつくっていきました。さらに今回は『どんぐりレース』を開催!1枚の板をすべり台のようにしておき、「よーい、ドン!」の掛け声と同時に手を放します。どのどんぐりがはやく転がるか大盛り上がり!白熱したレースが繰り広げられました。

ロープコーナーでは支えてもらいながら一本のロープで綱渡りに挑戦!ロープから落ちないように、ドキドキしながら渡っていきます。他にも鉄棒のように見立てて前回り逆上がりをしてみたり、ロープにのって揺らしたりしながら楽しみました。

午後からは絵の具コーナーも開催され、大きな段ボールのアーチと道が出現!様々な色の絵の具を使って、子どもたちは思い思いに絵を描いていきました。子どもたちの個性豊かな発想から、段ボールがどんどんとカラフルでかわいらしくなっていきました!

他には恒例となりつつある絵本の読み聞かせや、ベーゴマなどのコーナーも!コーナーがたくさんある中で、「あれがやりたい!」と興味をもち、わくわくしながら遊ぶ子どもたちの姿が印象的でした。

 

今回のプレーパークでは秋を使った遊びがたくさん見られ、自然の中で遊ぶプレーパークの魅力や楽しさを感じました。次回のプレーパークは10月12日(土)に開催されます。来月はより一層秋も深まり、さらに子どもたちの発想が膨らみ楽しい遊びが見られそうです。次回もたくさんのお友達のご参加をお待ちしています!

(プレーリーダー かみむー)

次回の木場プレーパークのお知らせ♪

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2020年10月31日~1日

場所:千葉県長柄町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

10月31日の夜は、オリジナルの仮装アイテムを作って、みんなでハロウィン・パーティーを楽しもう!ログハウスに泊まって、おやつにでっかいバームクーヘンも作ろう!

詳しくはこちら

日程:2020年10月11日・24日

場所:江東区亀戸

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:Base Camp
Weekend Base Camp

週末に江東区亀戸エリアでスポーツ・レクリエーション、自然体験・野外活動、工作・クラフトなど、多様な遊びや体験が楽しめる日帰りプログラムを提供しています。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >