プレーパーク

2019年11月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2019/11/09

爽やかな秋晴れの日。本日は2か月ぶりのプレーパークを開催しました。みなさんは「秋」といったら、何を思い浮かべますか?食欲・芸術・読書・紅葉など「秋」には様々な表情がありますよね。今回、遊びに来てくれた方々も様々な「秋」を感じながら、過ごしてました。

泥コーナーでは、大きな山づくりをしました。年齢が小さなお子様もスコップを握りしめ、小学生と一緒に泥を集めていたり、“化石探し”と題した穴掘りをしたりと、子ども達が遊んだ素敵な跡(凹凸)がたくさんできていました。

木工コーナーでは、今回、初めてのこぎりや金槌を体験したお子様も多く、木材が切れた時には達成感に満ち溢れた表情をしていました。自分でやってみたからこその達成感や嬉しさがそこにはあるように感じました。

ロープコーナーでは、綱渡りや大縄跳び、そしてロープを電車に見立てて他のコーナーを見て回りました。綱渡りは見た目以上に難しい遊びです。身体中の力を使い、支えながら進んでいきます。子ども達は何度も繰り返し遊ぶことでバランスのとり方を体で覚えているようでした。

手作りコーナーでは、自然物をたくさん使った秋ならではの自由工作がたくさんできました。葉っぱを耳にして、白い木の実を目にした人形作りを楽しんだり、紙皿の上にどんぐりをのせて料理に見立てたりと、「そうきたか!」という面白いアイデアを感じる作品が出来ていました。

 

午後からは絵の具コーナーも展開しました。段ボールいっぱいに自分の好きな色を塗っていくときの顔は真剣そのもの。ハートやぐるぐる、うさぎやお城など描くことで様々な世界が広がっていました。

他にも、落ち葉をたくさん集めてプールにしたり、どんぐりコースターをして遊んだりしました。食欲の秋ということで公園の職員さんがサツマイモを焼いてくれました。子どもたちも口いっぱいにサツマイモを入れて食べている微笑ましい姿も見られました。

プレーパークは至る所に「自由」が存在している素敵な場所です。保護者様の中には、「去年は一人で“絵の具をください”って言えなかった子どもが、今は自分から絵の具を取りにいっていた。」とお子さんの成長を感じたり、「木工って意外と難しいのですね。釘一本打つのにも時間がかかってしまって。でも楽しかったです。」と大人にとっても新たな学びや発見があり、共に成長できる場所なのではないでしょうか。

これからもお子様の「やってみたい」という意欲を大切に、親御さんとともに楽しい時間を過ごしていく場所を提供していきます。来月からは寒さが日に日に増していきます。ぜひ、温かい恰好をして遊びにきてくださいね。待っていまーす!

(プレーリーダー まめちゃん)

次回の木場プレーパークのお知らせ♪

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2020年2月22日~24日

場所:長野県上田市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:スキーキャンプ
菅平高原スキーキャンプ

美しい冬の雄大な自然に囲まれた菅平高原を楽しく滑ろう!山頂や森の景色は最高です!初心者も経験者も大歓迎!スキーのレベルに応じてグループに分かれてレッスンします!

詳しくはこちら

日程:2020年1月26日

場所:都電荒川線沿線

対象:小学4年生~中学生

キッズクラブ:1月あそびの達人
路面電車でナゾ解き

都電荒川線の路面電車に乗って、様々な町をめぐり、ナゾ解きにチャレンジ!チームの仲間と協力して、電車や町からヒントを見つけ、隠されたナゾを解き明かそう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >