プレーパーク

2019年12月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2019/12/14

最近寒さが厳しくなっている中、久しぶりに小春日和のような温かさで12月のプレーパークは開催されました。紅葉の時季は過ぎ去り、たくさんの落ち葉が都立木場公園には溢れていました。落ち葉で遊んだり、どんぐりを集めて転がしたりと、様々な自然を子どもたちは見つけて、楽しそうに遊んでいました。今回は、泥、木工、ロープ、絵の具の四種類のコーナーを用意しました。

木工コーナーでは、のこぎり、トンカチを使って親子一緒に楽しんでいる姿が見られました。作った作品としては、小さなお家、机や椅子などの家具、剣や盾などのおもちゃがありました。中には、タケコプターやマジックハンドなどの大作に挑戦している子どももいました。

泥コーナーでは、水のプールを作るというより、山を作ったり、泥あそびをしたり、泥をチョコレートと見立ててチョコレート工場を作っている子どもがいました。また今月は12月ということで、木工コーナーではそり、泥コーナーではクリスマスケーキなどクリスマスにちなんだものを作って遊んでいる子どもも見られました。

ロープコーナーでは、木と木の間にロープを張り、ロープの上で鬼ごっこなどをして遊んだり、大繩をして遊んだりしました。中には初めてロープを触る子どももいて、必死にロープから落ちないようにしながら進んでいる姿には、思わず胸を打たれました。

絵の具コーナーでは、たくさんのダンボールにめいっぱい絵の具で自分の思うがままに絵をかいていました。自分の身長より高いダンボールのお城に、思いっきり手を伸ばして描いている姿はとても楽しそうでした。

今回のプレーパークでは、落ち葉を使った宝探しゲームも行いました。きっかけは、子どもが落ち葉のベットにおもちゃを落としてなくしてしまい、近くの子どもたちとみんなで探したことから始まりました。無くしたおもちゃもすぐに見つかり、見つけた子どもは、みんなのヒーローになっていました。

夢職人では、プレーパーク以外に「あそびの達人」というデイプログラムやキャンプも実施しています。今回のプレーパークには、あそび達人に参加している子どもたちも遊びに来てくれました。今回、初めてプレーパークに参加して頂いた方は、ぜひ、「あそびの達人」にも参加してみてください。一緒に遊んだたくさんのプレーリーダーたちがお待ちしています。

次回のプレーパークは、1月11日(土)に開催します。新年初回ということで、今後ますます寒さが厳しくなると思いますが、寒さに負けず子どもたちと元気に遊べることを楽しみにしています。

(プレーリーダー チャーリー)

次回の木場プレーパークのお知らせ♪

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2020年5月31日

場所:都立葛西臨海公園

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:5月あそびの達人
宝探し★アドベンチャー

海岸に到着した船に積まれた宝物を泥棒に盗まれてしまった。地図を頼りに泥棒たちを見つけ出し、様々なゲームにもチャレンジ!仲間と力を合わせて宝物を取り戻そう!

詳しくはこちら

日程:2020年5月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >