子どもデイプログラム

2019年3月「あそびの達人」のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!

2019/03/03

本日は、3月「あそびの達人」(みんなで作る!キッズタウン~世界にひとつの子どもの町であそぼう!はたらこう!)の事前打ち合わせ会を行いました。今月の「あそびの達人」では、子どもたちが主役になれるまち「キッズタウン」を行います!

キッズタウンは、子どもが働き、働いてもらったお金で遊ぶことができるとっても魅力的なまちです!当日は、占いの館や飲食店など、様々なお店を班で選び、子どもが運営をしていきます。どうやったらお店に人が来てくれるのかを考えたり、接客をしたりしながら働く楽しさや社会の仕組みを学んでいってほしいと思っています。また、自分で働いてもらったお金で買ったり、食べたりすることで、普段は体験することのない「働く」を感じてほしいと考えています。

今回の事前打ち合わせ会の前半では、プログラムを進行する上で必要な情報の確認や共有を行いました。まず、キッズタウンの概要や子どもたちと関わる上で大切にしてほしいことを共有しました。その後、キッズタウンで使用する施設の様子を見て、子どもたちがまずは安全に怪我無く過ごせるよう、危険箇所やルールを確認しました、続いて、キッズタウンがどのような仕組みになっているかを共有しました。

キッズタウンは通常の社会と同じように、お金の流れやアルバイトの仕組みなどが決まっています。また、キッズタウンには「占いの館」「ゲームセンター」「おもちゃ屋」「雑貨屋」「オリジナルショップ」「飲食店」「ファッションサロン」といった7つの店舗があります。それらがどのようなお店なのか、店舗担当スタッフが紹介をしていきました。どのお店にも行ってみたり、働いてみたりしたいと思うほど、商品やサービスが魅力的で、スタッフもワクワクした様子でした。

後半では、当日の子どもたちへの関わり方を確認しました。当日、どのように一人ひとりのアイデアを引き出していくのか、そのためにどのように関わっていけばいいのかなど、より子どもたちが楽しく学びを得られるために考え、話し合いました。また、子どもたちが安全に楽しく過ごせるように、スタッフが気を付けるべきことを考え、共有をしました。様々なスタッフの意見を聞くことで、より一層考えが深まる時間となりました。

「キッズタウン」まで残りわずかとなりました。当日、子どもたちが「働くのって楽しいな!」と思ってもらえるように、スタッフ一同準備を進めていきます。みんなに会えることを楽しみにしているね!

(プロジェクトリーダー かどまり)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2019年9月14日~16日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2019年9月14日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >