子どもデイプログラム

みんなで作る!キッズタウン~世界にひとつの子どもの町であそぼう!はたらこう!(2019年3月「あそびの達人」)活動報告

2019/03/10

本日は、2019年3月「あそびの達人」(みんなで作る!キッズタウン~世界にひとつの子どもの町であそぼう!はたらこう!)を開催しました。「キッズタウン」は、子どもが働き、買い物や遊びもできる、子どもが主役の仮想の町です!今年で6年目の活動で、毎年バージョンアップしながら開催しています。

1日の活動時間を7つに区切り、月曜日から日曜日として、子どもたちは「キッズタウンの1週間」を過ごしました。曜日ごとに「働く」と「遊ぶ」を交互に行いながら、班で協力してお店を運営します。 朝は、班で働くお店を決めることからスタートです!今回は、オリジナルショップ、ゲームセンター、おもちゃ屋、占いの館、雑貨屋、パンケーキ屋、ファッションサロンの7つの中から選びました。子どもたちは、どんなお店があるのか興味津々な様子です!

お店が決まったら、キッズタウンの月曜日の始まり。班の全員で開店準備をします。お店の名前を決めて看板を作ったり、接客の仕方を教わったり、お客さんを迎えられるようにしていきます!火曜日を迎え、いよいよ開店です!「いらっしゃいませ〜」という挨拶とともに、働く子は大きな声でお客さんを呼び込み始めます。

 

遊ぶ子はまず銀行へ向かい、月曜日に働いた分、独自の通貨のお給料をもらえます!お金をもらった子どもたちは、とてもワクワクした表情で町を巡り始めました。ファッションサロンで買ったアクセサリーを身につける子、「パンケーキ食べたい♪」とパンケーキ屋に並ぶ子など、様々な楽しみ方をしていました!

 

お昼には、より良いお店を目指して、班で作戦会議も行いました。「ポイントカードを作ろう」、「2つ買ったら少し割引しよう」など、たくさんのアイデアが出てきました!また、売り上げの目標を達成したら「ボーナス」が出る、との告知も!子どもたちのやる気は一層高まったようです。

 

お昼の後は、木曜日が始まり、アルバイトができるようになりました!自分の班のお店だけでなく、他の班のお店や、スタッフがやっている町役場や記者の仕事も体験できます。ゲートを装飾したり、町の案内マップにお店の情報を書き込んだり、今までとは少し違う仕事の楽しさを感じられたと思います。 子どもたちは、接客や売り込みがどんどん上手になり、看板を持って町を回ったり、「これ買いませんか?少し高いけど限定なんですよ!」と、直接声をかけたりする姿も見られました!

土曜日と日曜日には、保護者の方もお客さんとしてやってきます。そこで、お客さんが増える前に大作戦会議を行い、ラストスパートに向けて班のみんなで話し合いました。占いの館では、新しくサイコロ占いを考えたり、オリジナルショップではラッピングのサービスを始めたりと、子どもたちの工夫でお店がどんどん生まれ変わります! 保護者の方が来ると、キッズタウンは一層盛り上がり、子どもたちも張り切って働いていました!

 

あっという間の1日でしたが、どの班も、みんなで協力して世界にひとつの特別なお店を作ることができたと思います♪ また、4月「あそびの達人」やGWのキャンプで会えるのを楽しみにしています!

(プロジェクトメンバー あかぽん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2019年12月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【公開】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小中学生対象のキャンプやスキー、自然体験ツアーを提供。冬休みに行うスキー・キャンプ全3コースの参加者を募集中!

詳しくはこちら

日程:2019年11月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >