学習支援活動

2019年度第1回土曜学習に行ってきました!

2019/07/06

本日は、今年度初の土曜学習に行ってきました。私は今回、4年生を担当しました。教室に入ると読書をしている子どもたちが多く、授業が始まる前から勉強モードなことに関心しました。黒板を見ると、私たち夢職人の名前と、一緒にボランティアをした保護者の名前と共に、「土曜学習に来てくれてありがとうございます。」というメッセーが書かれていました。それを見て、子どもたちにとって有意義な時間になるように頑張ろうと強く思った中、授業が始まりました。

1時間目は、国語です。説明文や漢字の書き取り、クロスワードパズルの問題をやりました。子どもたちは早速、説明文の問題に取り掛かりました。プリントが1枚終わるごとに手を挙げる子どもたちの元へ行き、丸付けをしました。間違えた問題にヒントを教えると、再び考え、「あっ、わかった!」と嬉しそうにしていたり、わからない漢字を自分で調べていたりする子もいました。

休み時間になっても、クロスワードの問題に取り掛かったり、友達に教えてもらいながら漢字をやったりする子もいました。熱心な子どもたちの姿に感動しました。

2時間目は、算数です。割り算の筆算、垂直・平行と四角形の問題をやりました。割り算の問題を始めると、どんどん解いていく子もいれば、「やり方忘れちゃった」という子もいました。つまずいている子には、思い出せるようにやり方を教えました。図形の問題では、三角定規や分度器を使って、指定された角度の図形を一生懸命書いている子どもたちの姿が印象的でした。

今回、初めて土曜学習に参加しましたが、プリントを黙々と解いていく子もいれば、わからなくてつまずく子もいて、子どもたちにはそれぞれのペースがありました。土曜学習は一人一人に丁寧に対応することが出来る環境だと思いました。子どもたちが間違えた問題を一緒に考え、どのように教えたら、子どもたちはわかりやすいのか、私自身考えながら、子どもたちに説明しました。子どもたちが理解してくれたときは、嬉しかったです。

そして、授業が終わると「さようなら」「ありがとうございました」と言いながら子どもたちは帰宅しました。また、担任の先生は私たちにとても優しく丁寧に対応して下さりました。地域の学校と一緒に子どもたちのために勉強を教えられる土曜学習は、素晴らしい環境だと思いました。今後も土曜学習に参加し、子どもたちのそれぞれのペースにあった教え方をしていきたいです。

(サポートスタッフ まゆゆ)


募集中のプログラム

日程:2020年2月22日~24日

場所:長野県上田市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:スキーキャンプ
菅平高原スキーキャンプ

美しい冬の雄大な自然に囲まれた菅平高原を楽しく滑ろう!山頂や森の景色は最高です!初心者も経験者も大歓迎!スキーのレベルに応じてグループに分かれてレッスンします!

詳しくはこちら

日程:2020年1月26日

場所:都電荒川線沿線

対象:小学4年生~中学生

キッズクラブ:1月あそびの達人
路面電車でナゾ解き

都電荒川線の路面電車に乗って、様々な町をめぐり、ナゾ解きにチャレンジ!チームの仲間と協力して、電車や町からヒントを見つけ、隠されたナゾを解き明かそう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >