子どもキャンプ

ハロウィンキャンプ2019スタッフ事前打ち合わせ会を行いました!

2019/09/21

本日は、10月12日~14日に実施するハロウィンキャンプ2019のスタッフ事前打ち合わせ会を行いました!ハロウィンキャンプでは、長野県伊那市高遠町にある施設で、2泊3日を過ごします。秋のひんやりとした風を感じながら、秋の自然をいっぱい満喫できるキャンプです。宿泊する施設は山間にあるので、もしかすると夜には満点の星空や野生の動物が見られるかもしれませんよ!今回も、毎年お世話になっている、「感環自然村」のみなさんにご協力いただきながら、キャンプを実施いたします。

さて、今回のキャンプではたくさんのプログラムが準備されています。火付けから始めるカレー作りや、建物2階〜3階はある高い木をロープと自分の力で登るツリークライミング、班のメンバーと設置するハンモック、そして山の大自然の魅力を体感できるハイキングなど、ここでしか経験できないものばかり!

事前打ち合わせ会では、子ども達が3日間、キャンプを目一杯楽しめるように、プログラム内容をはじめとして、安全面や健康面について、スタッフ同士で細かく確認していきました。

次に、ハロウィンキャンプの醍醐味である「ハロウィンパーティ」についても確認を行いました。このプログラムは、日中に子ども達が自分で仮装グッズを作り、夜にはそれぞれ仮装を身につけてキャンプ場を練り歩くというもの。

昨年のキャンプの写真で雰囲気を確認し、過去に参加したスタッフの意見を交えながら、「子ども達にとってより良いパーティにするにはどうすればいいのか?」を話し合いました。また当日は、スタッフが試作した仮装グッズが、机に並べられ、実施に触ったり、仮装をしたりして参加スタッフ達は当日のイメージを膨らましていきました。今年はどんな仮装とパーティになるのか、楽しみですね!

そして、キャンプ中での子ども達との関わり方について打ち合わせを行いました。キャンプでは子ども達はいろいろな友達と共に3日間、班活動を行うことになります。「3日間を班の友達と協力し、子ども達ひとりひとりが楽しく過ごすには、どうすればいいか?」をスタッフ達は、それぞれの経験を踏まえ、じっくりと時間をかけて話し合いました。

最後に9月29日に行われる保護者事前説明会の確認を行いました。保護者の方々に安心してお子様をキャンプに送り出してもらえるように、全体の流れ、面談で確認することなど、こちらも念入りに打ち合わせを行いました。

ハロウィンキャンプまであとわずか!スタッフ達も気持ち一丸となって、子ども達と共に思い出に残るキャンプになるように、一生懸命準備を進めていきます。キャンプ当日、みんなに会える日を楽しみにしているよ!

(サポートスタッフ かいちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2021年9月~11月

場所:東京東部エリア

対象:子育て家庭/3歳~高校生

【公募】利用者募集
子どもの食応援クーポン

コロナ禍における子どもの食の支援を目的に、一定条件を満たした3歳~高校生のお子様のいるご家庭に対し、協力加盟店の所定のメニューで利用できる無料クーポンを提供!

詳しくはこちら

日程:8月12日・16日・23日

場所:神奈川県三浦郡葉山町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:8月あそびの達人
葉山でとことん海あそび

関東でも有数の美しい景色が広がる葉山で、とことん夏の海あそびを楽しもう!海の達人と一緒に、スノーケリングにもチャレンジ!磯や海の中の生きものも見てみよう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >