キャリア教育

2021年2月21日「学びと仕事の図鑑」活動報告

2021/02/21

2月21日(日)に、オンラインプログラム「学びと仕事の図鑑」を開催しました。子どもの社会への興味関心を高め、将来について考えるきっかけづくりを目指したキャリア教育プログラムで、今年の1月より新しくスタートしたものです。

前回に参加した子どもからリクエストの多かった身近な職業から、見えない所で私たちの生活を支えている職業まで、多様な職業の夢職人のスタッフがゲストスピーカーとなり、子どもたちからの質問を交えながら様々なお話をしました。

今回、ゲストスピーカーとして登場したのは、「パティシエ」「システムエンジニア」「小学校教員」の3名です。

まずはゲストスピーカーの自己紹介。

「パティシエは男の人と女の人、どっちが多い?」「飛行機はどうやってぶつからずに飛んでいるの?」など、クイズを交えながらそれぞれのお仕事についてお話を聞きました。学校の先生など身近な存在でも、教室の外でどんなことをしているのかといったお話は新鮮だったようで、子どもたちはメモを取ったり、真剣な表情で画面を見つめる様子が見られました。

3人の自己紹介が終わったら、子どもたちはさらに詳しくお話を聴いてみたいスタッフを選びます。そして、少人数のグループにわかれてお話タイム。

グループ分けの時間に「大人って何だろう?」というテーマでお話をしましたが、5分ではとても終わらないほどに深い話が出てきました。次の機会に、もっと詳しくお話ししてみたいです。

パティシエのスタッフのグループでは、お菓子づくりに興味のある子どもたちから質問の嵐!仕事場の写真や1日の様子を聞いたり、100人分のデザートを4-5人で作っているという話を聞いて驚いている子もいました。

ケーキを1人で作れるようになるために何年もかかるとスタッフが話すと、子どもたちは最初は意外そうな顔をしていましたが、「『1個失敗してもいいや』じゃなくて、皆においしいケーキを食べてもらうために全部のケーキを綺麗に焼かなくちゃいけない」と聞いて、納得した様子でした。

システムエンジニアのスタッフのグループでは、学校でプログラミングの授業を受けている高学年の子どもたちから、プログラミングの勉強の仕方についての具体的な質問もありました。

仕事で大変だったことのお話では、実際にスタッフが関わった仕事についてニュースになっていることを知って、システムエンジニアの仕事が自分たちの生活に深く関わっていることを実感したようです。

小学校教員のスタッフのグループでは、「どうして小学校の先生になろうと思ったの?」「一番楽しかったことは?」といったお話から、「ダンスは先生たちが考えているの?」「英語はできた方がいい?」といった質問まで、色々なテーマでお話ししました。

子どもたちにとっては身近な職業ですが、普段、先生とはなかなか「仕事」の話をする機会がないために、子どもたちからはたくさんの質問が出ていました。

グループでのお話が終わった後は、「スタッフの仕事に対する想いが聞けて良かった」「知らなかったことが知れてよかった」といった感想を聞かせてくれました。25分のグループでのお話は、あっという間だったようです。

さて、来月は更に別の職業・学業のスタッフがスピーカーとして登場予定です!どんなお話があるでしょうか。またみんなとオンライン上で会えるのを、楽しみにしています!

(コアスタッフ ありまっち)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2021年7月11日・18日

場所:都立葛西臨海公園

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:7月あそびの達人
宝探し★アドベンチャー

探検家グループに届いた挑戦状。悪の組織からの様々な課題をクリアし、宝物を手に入れたものはまだいない。チームの仲間と知恵と力をあわせて、宝物を手にいれよう!

詳しくはこちら

日程:2021年6月20日・26日

場所:横浜つくし野コース

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:6月あそびの達人
本格アスレチックに挑戦

池の上や空中を進むアスレチックなど、様々なレベルのステージがあります。チームの仲間と力を合わせ、思いっきり体を動かして、アスレチックにチャレンジしよう。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >