プレーパーク

2022年4月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2022/04/09

4月9日(土)に都立木場公園の南の冒険広場で木場プレーパークを開催しました。新型コロナウイルスの感染拡大のため、2月、3月はお休みとなりましたが、4月から活動を再開しました。

今回も前回と同様に、感染症対策として入場者には受付にて検温・連絡先の記入等にご協力いただきました。朝からお天気にも恵まれ、お昼頃からは日差しも強くなり、初夏を感じさせるような暖かさ!お出かけ日和の開催となり、大変多くの親子が遊びに来てくれました。今回は、木工、泥遊び、手作りブランコ、ベーゴマ、途中から絵の具遊びを追加しました。



木工コーナーでは、子どもたちは木材・のこぎり・釘・ペン・ボンドなどを使い、自由な発想で様々な作品を作り上げます。慣れない道具と少し力の必要な作業に、「大工さんの仕事ってこんなに大変なんだ〜!」との声が上がる場面も。それでも一生懸命手を動かし続け、うまく切り取れたり釘を打ちつけられたりすると、満足そうに笑顔になる様子がたくさんみられました!限られた木材の中でも、組み合わせ方を工夫しながら、刀やおうち、動物、人形、電車などが出来上がっており、中には自分の名前を形作る子も!思い思いに様々な作品ができ上がっていました。保護者の方と一緒に協力しながら作っている様子も多くみられました。



泥コーナーでは、はじめはスコップを使ってみんなで山を2つほど作り、そこにトンネルや滑り台を作って遊んでいました。ドロドロの滑り台は、普段なかなか経験できない遊びだったようで、何回も山に登って滑るのを楽しむ子どもたちが多くみられました!また、山の周りに作ったくぼみにも水を流し、泥のお風呂のようにして足を入れて遊ぶ姿も!泥だらけになりながらも、子どもたちがそれぞれ考えた遊びを自由に楽しむ様子がみられました。お昼頃は初夏のような暑さだったので、水や泥の感触も気持ちよかったようです。



途中からは絵の具コーナーも登場!大きな段ボールに、絵の具で自由にお絵描きを楽しんでいました。春の季節もあってか、ピンクなど春色を使った絵が多くありました。また、大きな迷路を作ってみたりおうちを描いてみたりと、大きな段ボールキャンバスだからこそできるお絵描きを、めいいっぱい楽しむ様子がみられました!



他にもベーゴマやロープで作られたブランコのコーナーもあり、普段なかなかできない遊びを、各コーナーで、全力で楽しむ様子がみられました!

子どもたちの発想力は本当に豊かで、同じコーナーの中でも様々な遊びを思いついたり、思い思いの作品ができ上がったりと今回も「プレーパーク」ならではの遊びがたくさんできたと思います!来月は初夏を迎え、プレーパークにぴったりな季節だと思うので、さらに多くの子どもたちに来てもらえることを楽しみにしています!

(プレーリーダー みお)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2022年6月12日

場所:江東区文化センター

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:6月あそびの達人
まちを作って遊ぼう!

プロのデザイナーの先生に教わりながら、仲間と力を合わせて世界に一つの「まち」を工作しよう!アイデアいっぱいの建物や乗り物を作って、ボクらのまちを完成させよう!

詳しくはこちら

日程:2022年6月11日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >