子どもデイプログラム

ワクワク!ドキドキ!アスレチック-とんで!くぐって!よじ登れ!(2022年4月「あそびの達人」)活動報告

2022/04/17

4月17日(日)に4月「あそびの達人」を実施しました。今回は、「フィールドアスレチック横浜つくし野コース」にてアスレチックを行いました。天気はあいにくの曇り空でしたが、雨が強く降ることもなく無事に、予定通り開催することができました。

朝、みんなで集合した後は、電車に乗って現地に向かいます。現地に到着後、活動する班に分かれて安全・健康面の確認、プログラムの説明、準備体操、作戦会議を行います。準備ができたら出発!

今回のプログラムでは、アスレチックに挑戦するともらえるポイント、クリアするともらえるポイントを集め、目標のポイント数を超えるとシールがもらえます。さらに、1番多くポイントを集めた班は素敵なメダルをもらうことができます!子どもたちは、「どんなアスレチックに挑戦したいか」「たくさんポイントを集めるためにはどうすれば良いか」など作戦会議をしていました。活動中は、友だちを応援する姿や難しいアスレチックにも果敢に挑戦する姿がたくさん見られました。

アスレチックは一人でもできます。しかし、活動の中では、先にアスレチックに挑戦した子が、班の友だちに置きやすい足場を教えてあげたり、揺れるロープや丸太を押さえて、アスレチックが苦手な子のサポートをしてあげるなど、子ども同士の関わりも多くありました。

また、大きな池の上にアスレチックがある水上コースでは、途中で怖くなって動けなくなってしまった子を班のみんなで応援していると、周りの一般の人達も一緒に応援してくれる温かい雰囲気の場面もありました。家庭でも学校でもなく、「あそびの達人」だからこそ見られた姿だったのかなと思います。

楽しいアスレチックの時間はあっという間に過ぎてしまいます。班ごとに今日行ったことを思い出しながら、ふりかえりをします。楽しいこと、怖かったこと、頑張ったこと、それぞれの感想があり、一人ひとりにたくさんの思い出ができました。最後にポイントを集計し、表彰を行いました。全班が目標を達成し、シールをゲットすることができました。早速、服に貼る子もいて、みんなで喜んでいました。

帰りの電車では、疲れて寝ている子や絵しりとり、じゃんけんなどをして、それぞれの時間を過ごしていました。歩いて登って渡ってと、体を1日中動かす活動でしたが、安全に元気いっぱいで活動を実施することができて良かったです。

また、次回の活動でも子どもたちに会えることを楽しみにしています。

(プロジェクトメンバー つなちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2022年6月12日

場所:江東区文化センター

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:6月あそびの達人
まちを作って遊ぼう!

プロのデザイナーの先生に教わりながら、仲間と力を合わせて世界に一つの「まち」を工作しよう!アイデアいっぱいの建物や乗り物を作って、ボクらのまちを完成させよう!

詳しくはこちら

日程:2022年6月11日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >