プレーパーク

2022年5月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2022/05/14

5月14日(土)に都立木場公園の南の冒険広場で木場プレーパークを開催しました。今回も感染症対策として、入場者には受付にて検温・連絡先の記入等にご協力いただきました。

朝から小雨が降っていたため、お天気の回復を待って1時間ほど遅らせてのスタートにしました。お昼頃には日差しも出てきてプレーパーク日和に!心地よい気候の中、木工、泥遊び、絵の具遊びを楽しみました。

木工コーナーでは、保護者の方と一緒に力を合わせて木工工作を楽しみました。まずは木材置き場で木材を積み木のように組み合わせて、どんな物を作ろうかとアイデアを膨らませていきます。

作り始めてから「切るのが思ったよりも大変!」と驚きながらも、時間をかけて丁寧に切り分けた木材を釘やボンドで繋げて、剣や電車やロボットなど、次々とかっこいい作品を生み出していました。中には、作るうちに創造意欲がどんどんと掻き立てられ、椅子や本棚、飾り棚などまるで本格的なDIYさながらの作品を作る子も!

トンカチやノコギリを初めて使う子も、保護者やプレーリーダーに持ち方や使い方を教わりながら、段々と埋まっていく釘や、ギコギコと切れていく良い音に興味津々の様子でした。

泥コーナーではいつもの場所になんと、昨夜から降り続いた雨でできた巨大な水たまりが!! 見たことのない大きさの水たまりに大興奮した子ども達は、泥を投げ入れて水しぶきを起こしたり、大きなスコップで水たまりを深く掘り下げてみたりと、早速いろいろな遊びを思いついていました。

「水をもっと運んでくるね!」「こっちの川にも繋げようよ!」とプレーパークで初めて出会った子ども同士でも自然と声が上がり、横に長い川が繋がったり、真ん中に島が作られてダムのように水が分断されたりと、大きな水たまりだったその場所は時間と共にどんどん姿を変えていきました。

午後から登場した絵具コーナーには、なんど大きなロボットが登場!? 原色を組み合わせて自分だけのオリジナルカラーの絵の具を持って、巨大ロボットと段ボールの街をカラフルに彩っていきました。

絵筆で塗るだけでなく、絵の具を高いところから垂らして弾けるような模様が生まれるのも面白い!と大人気の遊びに。木工コーナーから持ち込んだ作品に色を塗って仕上げている子もいました。

プレーパーク開催後はいつもの公園の姿に戻すため、使った道具を仕舞ったり、泥水を抜いて土で埋め直したりと元に戻して一日を終えています。「一緒に埋めるよ!」「トンカチはいくつあればいいの?」「段ボールはここに集めるね!」と最後の片付けまで一緒に頑張ってくれた子どもたちに感謝!

来月も第二土曜日、6月11日(土)に開催します。たくさんのみなさんに遊びに来ていただけることを楽しみにしています!

(プレーリーダー しーちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2022年8月20日~22日

場所:山梨県北杜市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:夏休みキャンプ
山とテントのコース

日本百名山の八ヶ岳南麓で2泊3日のサマーキャンプ!テント宿泊、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくり、冒険アスレチックなど

詳しくはこちら

日程:2022年8月5日~7日

場所:千葉県南房総市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:夏休みキャンプ
海と岬のコース

大冒険の南房総の岬で2泊3日のサマーキャンプ!海の自然探検ツアー、大房岬アドベンチャーラリー、ナイトハイク、キャンプファイヤー、クラフトなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >