講演・研修

2021年度第二回ステップ・アップ・デイを行いました!

2022/05/29

本日は「ステップ・アップ・デイ」を開催しました。「ステップ・アップ・デイ」は、主に入会3年以内のスタッフを対象に、活動に参加する上での基礎的なスキルや考え方を学ぶ場として実施しています。今回のテーマは「チームづくり」です。

夢職人では、自然体験・野外活動、スポーツ・レクリエーション、科学・文化・芸術活動など、様々な体験活動を実施しています。これらでは日帰り・宿泊問わず、4〜6人のチーム活動が主です。そんなチーム活動において、大切にしたい子どもとの関わり方を学びました。

まずは、チームにつくスタッフの役割についてです。子どもたち自身が主体的に考え、行動できるようなサポートを担うスタッフ。では、具体的にはどのように子どもと関わるのが良いのでしょうか。

事例をもとに、参加者同士で話しました。宿泊の野外料理プログラムを切り取った事例では、子どもの学年や性別、夢職人への活動参加経験、さらに子どもたちの言動から様子を読み解き、会話しました。「この関わり方だと指示出す大人になっちゃうね」「前のキャンプで自分はこうしてみたよ」など自身の経験を踏まえた意見もありました。「事例2の状況だと、事例1の関わり方のほうが子どもたちにも合ってそう」と似たプログラムだとしても、最適な関わり方が変わることを学びました。

次に、子どもたちの状況を把握する観点、そして”子どもの状況がどんなときにどのような関わり方が最適か”4つの目安を教わりました。”この場合はこれ”といった正解ではありませんが、指標があることで状況を整理し、関わり方を見直す一つになると思います。

ここでさらに事例をもとに、参加者同士で意見を交換します。後半では、最近の活動にもあったウォークラリーを切り取った例です。

「初めはプログラムに積極的だったようだから、自分たちの進み具合がわからなくて中だるみしちゃったのかな」「低学年だし体力も関係ありそう」などの意見がありました。「こうならないようにするには、どうしたらよかったんだろう?」という問いかけに対して、「お昼休みに改めてここまでできたねと班のみんなで確認したいな」「ゲームのルールを理解できていなそうだったら、大人が再度噛み砕いて説明することも必要そうだね」など、スタッフとしての関わり方も話しました。

同じ事例でも、この場合は4つの目安のうちこれがよさそうというものが、人それぞれで違ったことからも、関わり方に正解がないことを実感しました。

最後に、子どもたちの状況に応じて最適な関わり方を探すこと、そして自分の関わりはどうだったか?自身を省みる姿勢が大事であることをお話いただきました。同じ子ども、同じスタッフ、同じ活動が重なることはなく、気持ちや気分によっても変わる”状況”。目の前の子どもの姿を観察し、どのように関わるといいだろう?と考え続ける姿勢をもつこと、時にスタッフもチームの一員として楽しむことも忘れずに、学んだことを今後の活動に活かしたいと思います。

(理事 はたちゃん)


募集中のプログラム

日程:2022年12月26日~28日

場所:長野県上田市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:冬休みキャンプ
菅平高原スキーキャンプ

美しい冬の雄大な自然に囲まれた菅平高原を楽しく滑ろう!山頂や森の景色は最高です!初心者も経験者も大歓迎!スキーのレベルに応じてグループに分かれてレッスンします!

詳しくはこちら

日程:2022年12月10日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >