子どもデイプログラム

ボクらのまちを作って遊ぼう!~建物や乗り物をデザインしよう!(2022年6月「あそびの達人」)活動報告

2022/06/12

本日は、2022年6月「あそびの達人」(ボクらのまちを作って遊ぼう!~建物や乗り物をデザインしよう!)を開催しました。今回の「あそびの達人」では、プロのデザイナー・イラストレーターとして活躍されている梅村昇史先生と渡辺千春先生を講師にお迎えしました。

朝の集合時は緊張した様子の子どもたちもいましたが、スタッフや友達と一緒に各自が持ってきた材料を見せ合ったり、作りたいものを聞いたりしているうちに緊張もほぐれてきたようでした。

まずは班ごとに今日作りたいまちのテーマを決めていきます。「たのしい・びっくり・キラキラ」などの抽象的なものと、「動物・食べ物・遊園地」などの具体的なものからそれぞれ1つずつ選び、班のテーマにしていきました。話し合っていく中で様々なアイディアが生まれ、提示された選択肢以外のオリジナルのテーマに決定する班も!これから始まるまちづくりがさらに楽しみになっていきます。

テーマが決まるといよいよまちづくりのスタート!初めに大きな模造紙に土地を描いていきます。班で決めたテーマをイメージしながら「ここに船が通る池を作りたい」「牧場の地面は何色にしようか」と意見を出し合い、どんどん色を塗り進めていく子どもたちでした。

まちの全体像が見えてくると、次は立体物を作っていきます。まちの中心となる大きな建物、まちを走るロープウェイや電車やその線路、遊園地のアトラクション、まちに住む様々な生きものなど、アイディアはどんどん溢れてきます。難しいところは講師の先生やスタッフと相談したりもしながら、一人ひとりが作りたいと思うものを形にしていきました。

お昼ごはんを食べて、午後の製作が始まります。午後は自分たちのまちのシンボルマークを考えるところから始まりました。また、他の班のまちに行く移動手段も各班で考えることに!コロナ渦のためまち同士の距離をとっていて、直接繋げることは難しいという条件の中でしたが、子どもから出てくるアイディアはどれも面白いものばかり!「このグローブをはめると他の班にワープできるんだよ」「モノレールが途中から空を飛んで他の班に遊びに行ける」など楽しそうに話しながら作り進めていました。

午後も時間ぎりぎりまで熱中する子どもたち。「時間が足りない」「もっと夜遅くまでやりたい」などと口にしながらも完成に向けて作り進めていきました。まちが完成し、最後の片付けまでみんなで頑張ったあとには、班ごとに発表会を行いました。他の班のまちも興味津々でじっくりと見ていました。

1日を通してたくさん考え、手を動かし、熱中していた子どもたちの姿が印象的でした。次回の活動でもそんな子どもたちに会えることを楽しみにしています。

(サポートスタッフ みーほ)

▼活動の動画

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2022年10月29日~30日

場所:千葉県長柄町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

キャンプの夜は、オリジナルの仮装アイテムを作って、みんなでハロウィン・パーティーを楽しもう!ログハウスに泊まって、おやつにでっかいバームクーヘンも作ろう!

詳しくはこちら

日程:2022年10月16日

場所:夢の島公園

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:10月あそびの達人
オモシロ★理科教室

科学であそぼう!ふしぎ発見!ジャングル探検とわくわく大実験の二本立て!シャボン玉(1~3年生)、グライダー作り(4年生以上)、アイスづくり、熱帯植物園ラリーなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >