プレーパーク

2022年9月「木場プレーパーク」を定期開催しました!

2022/09/10

9月10日(土)は、都立木場公園の南の冒険広場で木場プレーパークを開催しました。今回も感染症対策として、入場時は受付にて検温・連絡先の記入等にご協力をいただきました。今回は、木工、泥遊び、午後から絵の具遊びのコーナーを用意しました。

木工コーナーでは、棒状・板状の木材をノコギリで切って、釘とトンカチで固定したり、ボンドではったりして、思い思いの作品を作製していました。今回の木材は丸棒などの材料もあり、固定しにくい材料もありましたが、家族で協力しながら、棚やイス、動物、建物など様々な作品を作ってくれていました。

また、単に木材を突き合わせるだけでなく、木材を曲線に切り出したり、細かく切り出したりして時間をかけて作品の細部にこだわる子たちもいました。大きな作品が作れない子たちも来ていましたが、自分の手で釘を打ったり、ノコギリで木材を切ってみたり、木工作業を楽しんでくれていました。

泥コーナーでは、午前中からたくさんの親御さんとお子さんが来てくれました。大小様々な大きさのスコップを使って、夢中で土を掘り返して、泥で山を作っているご家族が多く見られました。出来上がった山の山頂から泥沼に飛び降りる「泥ダイビング」はとても人気で、多くの子供が目を輝かせて遊んでいました。また、とても凝ったトンネルを作っているお父さんもいらっしゃいました。上流から水を流して、トンネルの間を通った時は、お子さんと一緒に喜ばれていました。

午後は、巨大な泥団子を作ってお互いにぶつけ合う「泥団子合戦」が白熱していました。子供たちは全身泥だらけになって夢中で遊んでくれていました。また、タライに泥を入れてその中に手足を突っ込む「泥プール」では、子どもたちがお互いの手足に泥をつけあって、「泥パックしてあげる!」と楽しそうな様子でした。

最後に掘った穴を元に戻す作業を行いました。「遊んだことがばれないように、みんなで協力して片づけよう!」というスタッフの声かけに、子どもたちも親御さんも原状復帰にご協力いただきました。ご協力に感謝を申し上げます。

午後から始まった絵の具コーナーでは、絵の具を大胆に使った作品が多く見られました。絵の具を散らすように大きく使い、宇宙っぽい幻想的な作品が出来上がりました。

次回は、10月8日(土)の開催予定です。皆様とまた一緒に遊べることを心待ちにしています!

(プレーリーダー ひろ)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2023年2月11日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2023年1月29日

場所:江東区総合区民センター

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:1月あそびの達人
まちを作って遊ぼう!

プロのデザイナーの先生に教わりながら、仲間と力を合わせて世界に一つの「まち」を工作しよう!アイデアいっぱいの建物や乗り物を作って、ボクらのまちを完成させよう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >