学生スタッフの声

大学生ボランティア募集

■学生の方へ夢職人からメッセージ

夢職人では、学生生活を送っているだけではなかなか出会えない、地域の子どもたちや社会人、他のNPOスタッフなどと交流できる機会があります。さらに、そのような人たちと一緒に企画を考え、組織の運営に携わるなど、子どもと接する以外に様々な経験ができます。

学生のうちに多種多様な人たちと物事をやり抜く経験によって、社会人として活躍できる力が身につきます。たくさんの人に接し、成長の多い毎日を一緒につくっていきましょう!

■こんな方にオススメ!

□ 子どもが好き!
□ 何かにチャレンジしたい気持ちはあるが、明確には決まっていない。
□ サークル、アルバイトだけで学生生活を終わらせたくない!
□ 人と関わることが好きだけど、ただワイワイしているのは苦手。
□ 社会に出る前に、必要な力を身につけたい!
□ 中学・高校時代は、部活動に打ち込んでいた。
□ 将来、教員になることを目指している!

■学生スタッフの声

説明会の雰囲気から「本気度」を感じた!

大学生活の最初にサークルも入らず暇になってしまい、「このままじゃやばい!」と思って始めました。説明会に行って、スタッフたちが楽しそうな雰囲気ながらも説明は真剣そのものだったところに「本気度」を感じていいなと思った。活動に体験参加してみて、大変そうだと思ったけど今までやったことのないものだからいい経験になると思いました。(20代女性・学生)

子ども一人ひとりを深く関われるのが良い

大人1:子ども4くらいの人数比で関われるのが良いと思っている。一般的な学校現場だと先生1:子ども30になる。元々教師になりたいと思って夢職人のボランティアを始めたが、学校の教育現場よりも濃密な関わり方を一人ひとりとできる場があると知って、将来の方向性が変わってきた。もっと少人数で深く接していけるものの方がいいかなと。漠然とした「教師になりたい」という考えをより深くできたのも夢職人の活動があったからこそ。(20代男性・学生)

苦手も克服できる。打ち込むほど楽しいし、将来に役立つ場所

やればやるほど「もっと関わりたい」と思うようになった。活動が楽しいし、打ち込むものが欲しいと思っていたので「やっと見つけた!」という感じ。これから就職活動が始まって社会人にもなる予定だが、先に活かせそうという感覚がある。例えば、人前で話すことが苦手だったけど、プロジェクトに参加すると、保護者や子ども、スタッフの前に出て話したり、人に難しいことを伝える機会が多くなるので、だんだん慣れてきた。夢職人の活動をしていなかったらできていなかったことです。(20代女性・学生)

子どもに真剣なスタッフがたくさんいる

私は高校生のときに入ったので、スタッフとの関わりが「お姉ちゃんお兄ちゃんがいっぱいできた」という感覚だった。もちろん、子どもから「キャンプ楽しかった」と言われるのも嬉しいが、子どものことを真剣に考えているスタッフがいっぱいいて、その人たちと一緒に活動していたいという気持ちが強い。今は大学生だけど、学校で友だちとはしない話を気軽にできる。そういう人に囲まれていることが楽しくて続けています。(20代女性・学生)

見習えるスタッフばかりで刺激になる

自分ができていないことでも、周りのスタッフはできていたりする。見習える人がたくさんいるので自分の力を改善しやすい環境にあるのが良い。これからもどんどんできることを増やしていきたい。(20代男性・学生)

将来に役立つ社会人力が身につく!

社会人スタッフが多いことが魅力。社会人と一緒にプロジェクトを行ったりすると、社会人の仕事の仕方がいろいろわかる。将来に役立つだろうという実感があります。(20代男性・学生)

夢職人で活動しているスタッフのインタビュー記事一覧


 \ スタッフ一同、多くの方の参加を待ってます! /ボランティア募集


募集中のプログラム

日程:2018年7月・8月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【公開】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小中学生対象のキャンプやスキー、自然体験ツアーを提供。夏休みに行うサマーキャンプ全11コースの参加者を募集中!

詳しくはこちら

日程:2018年8月17日~19日

場所:群馬県前橋市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:夏休みキャンプ
山とテントのコース

日本百名山の一つ赤城山で2泊3日のサマーキャンプ!テントで基地づくり、ロープワーク、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくりなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >