子どもキャンプ

ハロウィンキャンプ2017(2日目)

2017/10/08

ハロウィンキャンプ2017」2日目がはじまりました!昨日の寒さから一転してとっても良いお天気になりました!眠い目をこすりながら、自分で身支度を整えていきます。今日一日盛りだくさんなプログラムで思いっきり遊びます!

みんなが待ちに待っていた、ツリークライミング!まずは、みんなを支える大きな木に挨拶。「こんにちは!宜しくね!」と大きな声で叫んでいました。ヘルメットとハーネスを付けていざ登ろう!!登る前にはその高さに怖がっていた子も、ツリークライミング協会の皆さんの力を借りて上に上がっていくうちに、だんだんと楽しくなってきたようでした。

「みてみて!私たちのいたログハウスが見える!」とか、「人が小さく見える!」とか、「空が近いね!」とか、驚きの声が上がっていました。最後は木にありがとうの気持ちを込めて、感謝を伝えて終了です。

小川が流れている森に移動したら、ハンモックとネイチャーゲームで楽しみます♪ハンモックの時間では、どんな木に設置したら楽しめるかな?どの木が安全な木かな?遊ぶ場所を自分たちで決めるところからスタートし、ロープで結びつけて完成するたびに歓声があがりました。そして、ハンモックに恐る恐るのってみたらとっても気持ちいい!ゆ~らゆらとお友達に揺らしてもらい、自然の気持ちよさを味わいました。一人ではなく友達と一緒のハンモック、とっても楽しいね♪

ハンモックの次は、自然を使ったネイチャーゲームを行いました。みんながお料理屋さんになって、森にたくさんある木の実や葉っぱを使って、班ごとにワンプレート料理を見立てました!大きな葉っぱやは面白い形をした石に木の実。あれ?あんなところにあった木の実が美味しそうなイクラのお寿司に見えてきた♪どの料理が一番おいしそうかな?食べたいかな?最後にみんなで投票を行いました。どのチームもこだわりの一品ができていました!

夜は、キャンプのメインイベント!ハロウィンパーティをして楽しみました。昨日の夜から始まり、今日の日中もひとりひとりが一生懸命、仮装の準備をしてきました。どんな仮装をしようかな~と手を動かし始めるとみんな止まらない!

こんなお化けになってみようかな?魔法使いがいいかな?いつもの自分と違う自分になってみる面白さはアイディアがいっぱい詰まっていました。最後の仕上げはフェイスペイントでできあがり!かわいい魔女や猫から迫力満点の勇者も登場しました。

仮装が完了したらチームごとに夜の森に繰り出し、暗闇にいるお化けたちを探しにいきます!もちろん、合言葉は「trick or treat!」天気にも恵まれ、満天の星空の下でクイズに挑戦し、お化けたちからもらえるお菓子にワクワクしながら、一人ではちょっぴり怖い夜の森も満喫して楽しむことができました。

2日目もあっという間に終わり、朝から夜まで楽しんだ2日目は昨日よりも早く眠りについてしましました。残すはあと1日だね!明日も思いっきり楽しもう!

(サポートスタッフ ゆなちゃん)

>>1日目の記事へ
>>3日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2017年12月27日~29日

場所:長野県上田市

対象:小学生・中学生

見渡す限り一面の銀世界を滑ろう!
菅平高原スキーキャンプ

美しい冬の雄大な自然に囲まれた菅平高原を楽しく滑ろう!山頂や森の景色は最高です!初心者も経験者も大歓迎!スキーのレベルに応じてグループに分かれてレッスンします!

詳しくはこちら

日程:2017年12月・1月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【PR】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小学生・中学生対象のキャンプや自然体験ツアー等を提供。冬休みのスキーやキャンプ参加者を募集中。【外部連携事業】

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >