子どもキャンプ

春休み子どもキャンプ2018(千葉・アウトドアコース)3日目

2018/04/01

春休み子どもキャンプ2018・千葉アウトドアコースの最終日である3日目になりました!今日は、朝起きるとまず、3日間みんなで使ったログハウスの掃除と荷物整理をします。寝るときに使った寝袋のシーツを畳んだ後、モップで部屋の床を掃除し、班のお友達と協力しながら、部屋をどんどんきれいにしていきます。

終わった班から移動をして、最後の朝のつどいを行います。今日も、高学年の子どもたちが進行や体操を手伝ってくれました!他の子どもたちも歌を歌い、体操をして、朝から元気いっぱいになりました。

朝食を食べた後は、キャンプ最後のプログラムとなるクラフトを行います。クラフトでは、今回のキャンプで使ったログハウス型の貯金箱を作りました!単なる紙や板の状態から、ログハウスの形に組み立てていき、その後は自由に装飾をしていきます。形を組み立てる段階では、「こうするとやりやすいよ」など、子どもたち同士でコツを伝え合う姿が見られました。ログハウスの形が完成すると、多くの子どもたちの「できた!」という声が聞こえてきました。

組み立てが終わると、子どもたちは思い思いに装飾を始めました。みんな、わくわくした表情で装飾材料を選び、それぞれのアイディアを膨らませていきます。複数の材料を組み合わせて使ったり、煙突や階段、ベランダを新たに作り出したりなど、大人も驚くようなアイディアがたくさん出てきました。また、キャンプ中、実際に使ったログハウスをイメージして、自分たちが泊まったログハウスの名前を書いたり、班のメンバーの名前を書いたり、キャンプを振り返るきっかけにもなったように感じました。時間をめいっぱい使ってそれぞれの工夫を凝らし、みんな素敵な貯金箱を完成させました!

クラフトの後は、キャンプ最後のごはんを食べ、班ごとに振り返りの時間です。3日間どんなことが楽しかったのか、どんなことを頑張ったのかを班のお友達と共有したり、3日間を通して感じた、お友達の良いところを伝え合ったりしていました。その時の子どもたちの表情は、楽しそうで、満足感や達成感にあふれていました。最後に全員で元気いっぱいに春キャンプの歌を歌い、キャンプの挨拶をしました!

振り返りが終わると、解散場所に向けて出発です。バスと電車を乗り継いでいきます。眠ったり、お友達とお話ししたりしながら東京へ向かい、無事に到着しました。

今回のキャンプでは、様々な経験し、子どもたち一人一人の成長を感じることができました!また次の活動でみんなに会えるのを楽しみにしています!!

(プロジェクトメンバー みーほ)

>>1日目の記事へ
>>2日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年10月6日~8日

場所:長野県伊那市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

大自然の信州アルプスで2泊3日のキャンプ!ログハウスでの宿泊、ツリークライミング、ハンモック遊び、ハイキング、ハロウィンパーティー、野外料理(カレー)等

詳しくはこちら

日程:2018年9月15日~17日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >